奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用ソロ楽譜】昭和歌謡シリーズ 『ワインレッドの心』安全地帯

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

この曲は1983年昭和58年11月のリリースでした。なんとなく、この曲を聴きながらドライブしていたという当時の感じ、雰囲気がよみがえります。そろそろ、カーエアコンは装備されてきてはいましたが、カーステレオがない車もあったように記憶しています。ホンダの車高が高いシティーやファミリアなど一般車としては人気だった。そして、地方では圧倒的な人気の赤いアルトが女性用の乗り物として、必需品のようになっていたように思います。10年ぐらい前には考えられないほど若者たちは車に乗っていたのではないでしょうか。この曲の題名の「ワインレッド」ですが、ファッションに詳しいわけでも、興味があったわけでもありませんが、なぜワインレッドなのかは、わかりません。当時というかその直前まではやっていたのは、パステルカラーだったそうです。そして70年代はアースカラーだったそうで、突然、ワインカラーというのはどういうことでしょう。作詞は井上陽水さんです。だから、ちょっと意味が分からないのかもしれません。この曲ができるには、ちょっとした生みの苦しみがあったみたいで、これを歌っていた安全地帯がこれでもうバンドとしての活動は終わりだという瀬戸際に立たされて生まれたものでした。それまでも、数曲発表されていたものの、全く売れず、プロデューサーから一般受けするような、歌謡曲調のものに方向転換することを勧められた玉置浩二は、必死になってこの曲を作り上げたということです。それは、自分のプライドにかけて、絶対に自分の手で作った曲を歌うのだという強い思いがあったようです。というのも、一時は玉置に曲を書かせるのではなくて、井上陽水さんに曲をお願いして、売れるようにしようという流れができかけていたからです。結果的には、そうならず、この曲が大ヒットとなって、そのあとの活躍につながるわけです。ということで、楽譜をいつものようにちらっとご覧ください。

楽譜販売のご案内

こちらの楽譜は楽譜販売専門サイトPiascoreのこちらで販売中です。

演奏例

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2020 All Rights Reserved.