奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用ソロ楽譜】昭和歌謡シリーズ 『東京だよおっ母さん』島倉千代子

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

1957年昭和32年のリリースです。東京だよ、おっかさんというつかみの言葉が印象的です。よく私の母が子供の時に、自分の親を「おとっつあん、おっかさん」といっていたのが、同級生に対して恥ずかしかったということを言っていました。かなりの高齢出産で生まれてきた母にとっては、昭和10年代でもちょっと抵抗があったようです。したがって、昭和30年代で、はたしておっとっつあん、おっかさんという人がどれぐらいいたのかはなはだ疑問です。一方で、テレビでよく見たクレージーキャッツのコントにはよく出てくる言葉であり、真実はどうもはっきりしませんが、多少時代錯誤的な内容でしたので、あんまり当時では言われない言葉だった気がします。時代は集団就職が盛んにおこなわれた時代でもあり、そんな背景から、こんな曲が生まれたのかもしれません。それで思い出すのが、昭和40年代後半にある新宿の結構大きな大衆食堂にアルバイトに行っていたとき、そこで中卒で集団就職できた10代の高校生ぐらいの年齢の子が結構働いていたことでした。当時の印象で、いまだにあるんだ、集団就職が、と思ったぐらいです。ひるがえって考えてみると、北国の私が通っていた中学校でも、3分の1ぐらいが進学せずに就職していって、軽いショックを受けたことを思い出します。特に普通に進学するんだろうと思っていた同級生の女の子が、高校へ行かずに働くというのが、とても違和感があったことを覚えています。そんな時代から70年代ぐらいからかなり変化していきました。ですから、この歌がいかに時代の流れが速かったかということが逆にわかるということも言えると思います。この曲がはやったころですと、自動車なんかを持っているうちはなかったわけですから、地方の山間部に住んでおられた方でそれほど若くなければ、めったに都会などには出ないことはあり得た話で、さらに一昔前ならば、一生その山間部で暮らしていた女性もいたはずです。そこんところを考えると、この曲の劇的さがけっこうささるのではないでせうか。なんてことはいいとして楽譜をちらっとどうぞ。

楽譜販売のご案内

こちらの楽譜は楽譜販売専門サイトPiascoreのこちらで販売中です。

演奏例

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2020 All Rights Reserved.