奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用ソロ楽譜】昭和歌謡シリーズ 『ひとりじゃないの』天地真理

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

1972年5月21日リリースの曲です。昭和でいうと47年でした。前年に『水色の恋』でデビューしました。その同年だったか、定かではありませんでしたが、私が通う高校の同級生が当時、人気のあった南沙織に会いたいということで、サインをもらいにフジテレビ(当時は新宿区内にあった)に行ったところ、当日はいなくて、しょうがないので、そばにいた天地真理にサインをしてもらったということでした。それを見せてもらったら、まあまあかわいいというか、え?と思ったのは若干年上に見えたからでしょうか。でも、すごく感じがよかったのだそうで、本人は喜んでいました。そんなにまだブレイクしているようには思っていませんでしたが、それでも私も知っていたので、デビューしたてだったのだと思います。そのうちにどんどん人気が上がっていきますが、私としては、それほど興味がなかった感じがします。当時は、同世代の岡崎友紀や南沙織、ちょっとエロを感じた山口いずみなんかが好きでした。それでも、天地真理のあのフォルセットの歌声は割と好感が持てました。それ以降、このような歌声は歌のお姉さん以外は、歌謡曲では活躍の場がなくなったのか、少し残念です。同じような声質では、ピンポンパンという番組をやっていた酒井ゆきえちゃんがいましたが、話し声がフォルセットというのが、私にはたまらなく魅力的に感じました。ちょっと変でしょうか。話は脱線しましたが、とにかく当時は人気があった。名前の真理子や真理というのが、けっこう同級生にもいたので、そんなことからも、隣の『真理ちゃん』ということで売っていったのでしょう。当人の本名の名前も同じです。また、子供用の自転車にも、その写真を取り込んで売り込むなど、小さな子供にまで人気があったのでした。まあ、そんなことを思い出しつつ、楽譜をご覧ください。

楽譜販売のご案内

こちらの楽譜は楽譜販売専門サイトPiascoreのこちらで販売中です。

演奏例

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2021 All Rights Reserved.