奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用ソロ楽譜】昭和歌謡シリーズ 『時には母のない子のように』カルメン・マキ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

1969年2月21日、昭和でいうと44年ということになります。まず、題名がどういうこと?ということで、興味を引きますが、その歌い手が「カルメン・マキ」というから、変です。カルーセル・マキでもポール・マキでもありませんが、なぜその名なのか?そして、どうやらハーフのようだけれど、素性が知れず、テンション低め。そして、その作詞をしたのが、寺山修司さんということで、わけわからんのもわかる気がする、と当時は思っていました。カルメン・マキさんについていうと、この曲とともに出ていつの間にかいなくなりました。もともと、アイルランド人とユダヤ人の血を引くアメリカ人の父と日本人の母との間に神奈川県鎌倉市で生まれたということです。そして、この歌を歌ったのは寺山修司さんの舞台に感動し、劇団に入ったことがきっかけのようで、当時17歳ということでした。当時の印象ではずっと年上のように思っていましたが、そうではなかった。とにかく、歌がそうだったので、テンション低めで斜に構えたところが、笑えると思っていました。この曲には、参考にしていたものがあったそうで、こちらになります。ゴスペルソングということになっています。

ではさっそくちらっと楽譜をご覧いただきます。

楽譜販売のご案内

こちらの楽譜は楽譜販売専門サイトPiascoreのこちらで販売中です。

演奏例

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2020 All Rights Reserved.