【トランペット用ソロ楽譜】『東京ブルース』西田佐知子

トランペット用昭和歌謡曲楽譜
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

西田佐知子さんが歌っていた東京ブルースという曲は、1964年に発売されたシングルレコードで、作詞は水木かおるさん、作曲は藤原秀行さんです。この曲は、東京オリンピックの開催年に合わせて名前に「東京」のつく楽曲が流行した中で、最もヒットしたものの一つでした。累計売上はミリオンセラーを記録し、西田さんはこの曲で第15回NHK紅白歌合戦に出場しました。

東京ブルースという曲名は、アメリカの音楽ジャンル「ブルース」に由来していますが、歌詞やメロディーは日本的な情感を表現しています。歌詞は、東京で暮らす女性の孤独や切なさを描いており、都会の喧騒や寂しさを感じさせます。一方で、歌詞には「東京が一番だった時」「東京が好きだった時」というフレーズもあり、東京への愛着や郷愁も感じられます。メロディーは、ブルース調のイントロから始まりますが、サビでは和音が変わり、日本的な旋律になります。この対比が、歌詞の内容と合わせて、東京という街の多面性や複雑さを表現しています。

1964年という年は、日本にとって大きな変革の年でした。東京オリンピックの開催はもちろんですが、その他にも東海道新幹線や東京モノレールの開業、海外旅行自由化など、経済や社会の発展が目覚ましいものでした。しかし、一方で異常気象や水不足、新潟地震などの自然災害や、ケネディ大統領暗殺などの国際情勢の動揺などもありました。また、日本では連続殺人犯西口彰の逮捕やカギッ子(共働き家庭の子供)問題なども話題になりました。

東京ブルースという曲は、このような1964年の日本を象徴するような作品だと言えるかもしれません。当時の人々の心情や感性を反映した名曲ですね。・・・・というのは、BingのAIの回答でした。

西田佐知子 東京ブルース トランペット楽譜

楽譜販売のご案内

こちらの楽譜は楽譜販売専門サイトPiascoreのこちらで販売中です。フルート、アルトサックス、トロンボーンの楽譜もこちらで販売中です。楽譜をクリックすると販売サイトに飛びます

東京ブルース アルトサックス楽譜
東京ブルース フルート楽譜
東京ブルース トロンボーン楽譜

演奏例

お勧め記事(一部広告含む)
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました