昭和歌謡メロディー譜『酒場にて』江利チエミ

トランペット用昭和歌謡曲楽譜
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

 「酒場にて」は、1974年9月25日に発売された江利チエミさんのシングルです。作詞は山上路夫、作曲は鈴木邦彦さんで、編曲は高田弘さんが担当しました。

 オリコンチャートの最高位は22位でしたが、ロングセラーとなり、1975年のオリコン年間順位は第67位にランクされました。累計売上は16万8千枚です。


この曲のロングヒットで、1974年末と1975年末の紅白歌合戦でNHKから再びカムバック出場の打診がありましたが、江利チエミは「もう紅白は卒業したので、二度と出る気はありません」と、NHKから紅白再出場への打診を頑なに拒んでいました。なぜか?わかりませんが、まあ、結構昔から、拒否ということはあるということで、納得しましょう。

 私も、この曲はいい曲というか、かなり悲しい曲として認識していました。特に、江利チエミさんが亡くなったという報道を聞いた後にそう思いました。私は、さほど芸能界の事に興味がないのですが、この死をきっかけに、江利チエミさんの半生を知って、本当に悲しい気持ちになりました。私のそれまでの認識としては、明るいサザエさん役の歌のうまい人というイメージでした。

 高倉健さんと結婚(1959年)していたのを知ったのも、そのころで、せっかく妊娠しても、中絶するしか、命を保つことができなかったり、身内の裏切りなど不幸が続き、結局、自ら身を引く決断(1971年)をしたということです。

 それと高倉健さんの「黄色いリボン」という映画の中で、描かれた姿がなんとなく被るような感じです。妊娠に喜んだ主人公がこいのぼりの竿をたてるが、流産ということになり、それを知ってやけ酒を飲み、町で酔っ払いにからまれ、その男を殴り殺してしまうという、そんな内容だったと思います。

 そして思うのは、亡くなったのは45歳(1982年)で、若かったことです。

楽譜は、トランペット、トロンボーン、アルトサックス、フルートの順に並んでいます。楽譜をクリックすると、販売サイトに飛びます。

トランペット楽譜 全2ページ
トロンボーン楽譜 全2ページ
アルトサックス楽譜
フルート楽譜

楽譜販売のご案内

こちらの楽譜は楽譜販売専門サイトPiascoreのこちらで販売中です。フルート、アルトサックス、トロンボーンの楽譜もこちらで販売中です。楽譜をクリックすると販売サイトに飛びます

演奏例

お勧め記事(一部広告含む)
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました