奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

トランペットで昭和歌謡シリーズ 『霧の中の少女』久保明

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

吉田正の門下として1964年8月昭和39年にビクターレコードから『霧の中の少女』でデビュー。 この曲はアメリカのポップス歌手ペギー・マーチも日本語でカバーしているそうです。

という具合に、歌っていました。といってもこれは初めて聞きました。ペギー・マーチというと、日本では、『忘れないわ』が有名でしたが・・。

本家の久保明さんのほうに戻ります。1964年というと、東京オリンピックの年であり、しかも8月ですから直前のリリースということです。この時代は、もう御三家(橋幸夫・舟木一夫・西郷輝彦)がいましたので、ちょっと遅かった感があります。ただ、曲が当時少年であった私も好きで、歌声もやや低音で確かテレビでは背広を着て歌っていたと思うのですが、さっそうとした感じが記憶に残っています。歌詞の内容は、当時から頭に入ってこなかったので、よく内容は覚えていませんが、御三家の歌うテーマが学園ものだったり、少年には関係ないものだったり、荒唐無稽なものだったりして、今いち、インパクトがなかったのですが、この曲の『少女』という言葉に心を奪われたのかもしれません。小学校低学年から、というかその前から、好きな女の子はいたのですが、より強く意識し始めた時期だったために、なんとなく忘れないでいたのかもしれません。ということは、いいとして、さっそく楽譜をちらっとご覧いただきましょう。

楽譜販売のご案内

この楽譜は楽譜販売専門サイトPiascoreのこちらで販売中です。

演奏例


こちらが一般的。
お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2020 All Rights Reserved.