昭和歌謡メロディー譜『虹色の湖』中村晃子

トランペット用昭和歌謡曲楽譜
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

『虹色の湖』は、1967年に発売された中村晃子さんの7枚目のシングル曲です。作詞は横井弘、作曲は小川寛興、編曲は森岡賢一郎が担当しました。この曲は中村晃子さんのデビュー以来の初のヒット曲で、1968年の第19回NHK紅白歌合戦にも出場しました。曲の調はロ短調で、歌詞は幸せを求める恋人たちの心情を表現しています。この曲は多くの歌手にカバーされており、2013年には桑田佳祐が『昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦』で歌いました。また、2015年には市川実日子出演のびわこビジターズビューローのテレビCMに挿入歌として使用されました。

 この当時はグループサウンズが大人気となったときであり、決して長くない時間でしたが、その影響を受けて、グループではない、つまりはソロ歌手でもバックのアレンジがGS風のものになったというのが、はやっていました。この前奏は特に、私なんかが思い出すのは、荒木一郎さんの『いとしのマックス』とかなり似ている感じです。これを称して、『一人GS』というのだそうです。そして、GSがそうであったように、どことなく全く政治的な意図はないが、反体制的な雰囲気だけ出している感じも、この曲やその歌い方にも出ていると思います。

 中村晃子さんについては、ちょっととんがった感じの印象を与える、目が鋭い感じの特徴のある顔立ちの人で、唇がブリジット・バルドーみたいで、記憶に残っています。この時代には珍しい顔立ちだったと思います。

楽譜はトランペット、トロンボーン、アルトサックス、フルートの楽譜の順に並んでいます。クリックすると販売サイトに飛びます。

トランペット楽譜
トロンボーン楽譜
アルトサックス楽譜
フルート楽譜

楽譜販売のご案内

こちらの楽譜は楽譜販売専門サイトPiascoreのこちらで販売中です。フルート、アルトサックス、トロンボーンの楽譜もこちらで販売中です。楽譜をクリックすると販売サイトに飛びます

演奏例

お勧め記事(一部広告含む)
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました