奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

トランペットで昭和歌謡シリーズ『下町の太陽』倍賞千恵子

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

この曲は、倍賞千恵子さんのデビュー曲で、1962年昭和37年のリリースになります。そして、これが大ヒットとなったということで、映画化もされました。デビュー以前の倍賞千恵子さんは、歌がうまく、のど自慢あらしだったということですが、それと同じく、劇団にも入っていたということで、この流れになったのだと思います。歌手だけなら、主題歌を歌うために、途中のカットで出てくるぐらいですが、こちらの下町の太陽の映画ではもちろん主演で出演しています。舞台は今の小岩のあたりのいわゆる荒川付近の下町、今も下町のエリアです。曲のほうは、当時はやっていた歌声喫茶で盛んに歌われていたロシア民謡に似た感じだという人もいますが、もっともだと思います。まだ、社会主義が資本主義と拮抗するぐらいの勢力だと思われていた時代ですから、資本主義の完勝とわかる90年代以降の拝金主義とは違い、清く正しく美しく、そして貧しくとも…みたいな価値観があったのだと思います。社会主義的な思考を持った若者とかインテリと呼ばれる人もいっぱいいて、ロシア民謡なんかもそんな運動の一環として、大いにうたわれていたのだそうです。この曲でも、「よろこびと 悲しみを うつすガラス窓」のあたりのフレーズは明らかにロシア民謡的です。ではそんな曲の楽譜をちらっとご覧ください。

楽譜販売のご案内

こちらの楽譜は楽譜販売専門サイトPiascoreのこちらで販売中です。

演奏例

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2020 All Rights Reserved.