【トランペット用ソロ楽譜】昭和歌謡シリーズ 『真夏の出来事』平山みき

トランペット用昭和歌謡曲楽譜
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

この曲は、1971年昭和46年のリリースでした。歌っているのは、平山みきさん。表記が『みき』なのか、『三紀』なのか、よくわかりません。当時の印象を率直に言うと、少し年上のませたお姉さんという感じでした。声が独特の鼻にかけたような感じで、目が特徴的な三白眼で、ちょっと投げやりに物憂げに歌っていて、少し怖い感じ。

同時代の売れていた歌手というとなんといっても『小柳ルミ子』でした。だから、なおさら、当時のレベルでは異質な感じでした。しかし、そのリズミカルな楽曲というのは、印象に残っています。

『彼の車に乗って・・・・』というのはその時代の憧れだったのか、地方ではあったことでしょう。少なくとも東京都内に住んでる分には、ちょっと難しいことでした。駐車代金がアパート家賃より高いなんてことがありましたので・・。

歌謡曲というのは、今の現実を映すのではなくて、少し前の心情やら光景(この当時だと昭和枯れすすきなど)などを映したり、こうあってほしいという架空の物語であったりということなので、まあ、いいのではないかと思います。夏場になると、この曲と『白いサンゴ礁』などを思い出します。そんなことはどうでもいいので、楽譜をちらっとご覧ください。

平山美紀 真夏の出来事 トランペット楽譜
2ページ目がオリジナルキーになります。

楽譜販売のご案内

こちらの楽譜は楽譜販売専門サイトPiascoreのこちらで販売中です。楽譜の見本はトランペットですが、アルトサックス、フルート、トロンボーンの楽譜もあります。楽譜をクリックすると販売サイトに飛びます。

平山美紀 真夏の出来事 
アルトサックス楽譜
平山美紀 真夏の出来事 
フルート楽譜
平山美紀 真夏の出来事 
トロンボーン楽譜 2ページ目がオリジナルキーになります。

演奏例

お勧め記事(一部広告含む)
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました