奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用ソロ楽譜】昭和歌謡シリーズ ヴィレッジ・シンガーズ『バラ色の雲』”Barairo no Kumo”

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

1967年発表の曲です。このビレッジシンガーズですが、メインボーカルがウォーカーブラザーズのボーカルみたいに声がよく、その割には貧弱な体形で、そのギャップがいつも見ていて、興味を引いていました。当時、男性用化粧品のMG5などが発売され、中学校でも坊主頭から、長髪に数年前から変更になっていた時代です。このビレッジシンガーズは七三わけの見本みたいに見えました。それまでの丹頂トニックやポマードといったおじさんの使うものから、高校生の兄の使っていたMG5をさっそく使ったのを覚えています。

そんなことはいいとして、いつものようにチラッと、楽譜をご紹介します。Piascoreという楽譜専門販売サイトになります。

前奏のところがこの曲も特徴的です。

楽譜販売サイトのご案内

販売サイトはこちらになります。

演奏例

ばら色の雲
まともな音源がこれしかありませんでした。

曲の由来など

『バラ色の雲』(バラいろのくも)は、1967年8月1日に日本コロムビア(CBSコロムビアレーベル)から発売されたヴィレッジ・シンガーズの楽曲です。

作詞は橋本淳、作曲は筒美京平である。通算3枚目、メンバーとスタイルを一新し新メンバーでの第1弾シングルとなりました。

『バラ色の雲』というフレーズは、与田凖一を父に持つ橋本が、学生時代に書生のような形で出入りしていた檀一雄などの巨匠たちから学んだ「抽象的な言葉を投げかけて大衆の想像力を喚起する。」という極意をベースに生まれたものだとされています。

担当ディレクターはコロムビアのCBSコロムビア邦楽(CBS JAPAN)部門所属の泉明良で、1967年6月に、泉のコーディネーションの下、日本コロムビアのスタジオでレコーディングが行われました。旧メンバーでの録音が済んでいたものの、リーダーである小松久のたっての希望で新メンバーに拠って録り直されました。

ボーカル担当である清水道夫のムーディな声質を前面に押し出した楽曲で、オリコン(非公式チャート)最高位2位、60万枚を売り上げるヒットとなりました。

1978年にはCBS・ソニー(現:ソニー・ミュージックレーベルズ)から両A面シングル『バラ色の雲/亜麻色の髪の乙女』として再発売されました。

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.