奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用ソロ楽譜】昭和歌謡シリーズ 辺見マリ『経験』(Japanese Oldies”Keiken”)Trumpet sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます
基本的に50音順のリンクリストです




この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

1970年の作品です。この当時の人気の女優とかは、必ずと言っていいほど、2,3歳、歳をサバ読んでいて、年下かと思ったら年上だったり、同年齢と思った人も、年上だったということが、最近になってわかることが多いです。この歌詞を歌う辺見マリさんは、当時、20歳でした。多分、内容から、いろいろ配慮されたのだろうと思いますが、実年齢なのかどうかはわからないまでも、若くは言っていないようです。数年後、結婚されるときに、見ている方が恥ずかしくなるほど喜んでいた様子をテレビで見て、ごく普通の人なのだということがわかり、妙に安心したような気持になった記憶があります。今聞くと、まったくもって前回上げた『涙の操』と同類の、ほぼ今ではアウトの曲です。まあ、時代を映すというかそういう感じでは大変興味深い曲でもあります。そんなことはいいとして、いつものように、楽譜をチラッと見てください。

販売サイトのご案内

販売サイトはこちらです。Piascoreという楽譜専門販売サイトになります。

演奏例


経験  辺見マリ  1970年 投稿者 showakayo
ちょっとテンポが速すぎるようですが、時間が押していたのかもしれません。

曲の由来

1970年のヒット曲です。当時、辺見マリさんは20歳でした。『やめて、…』という出だしが印象的な曲です。

経験」(けいけん)は、1970年5月11日にリリースされた辺見マリの2枚目のシングルです。

作詞安井かずみ、作曲村井邦彦。フィンガーアクションが話題を呼んで大ヒットしました。

オリコンヒットチャート最高2位、レコード売り上げ30万枚を記録し、1970年の新人賞レースをほぼ独走しました。

同年10月6日には当時東映専属だった谷隼人の第一回主演作品として映画化され、辺見マリが本作を熱唱するシーンもありました。

そして、第12回日本レコード大賞新人賞を受賞することになります。

歌詞の内容とフィンガーアクションから当時のNHKでは歌唱できず、辺見はこの年『第21回NHK紅白歌合戦』に出場するも本作ではなく、次作の「私生活」で出場しています。

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2016 All Rights Reserved.