page contents

奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【奏法さすらい記】もう一度、トランペットのスーパーチョップス奏法を本を読んで見直しました。

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

世の中には、いろいろな奏法があり、いまや、Youtubeなどで、国内だけでなく海外も含めてみると、いろいろな奏法が紹介されています。だいたい共通するのが舌の使い方が重要だということをいっているように思います。一方で、唇周りの筋力を強化するという考え方も根強くあるように思います。

先日、トランペットのテクニックという本をご紹介して、その上唇の位置について触れました。つまり、上唇は上の歯の先端より下に来てはならない。なぜならば、空気の通り道をさえぎるからだということです。だから、これをするために、少し上唇の先端を内側に巻き込む必要があるということも書いていました。ただ、これをすると、どうしても、高音域が細い音になりがちだということも確かです。実際最近の練習では、より確実に高音域が出るものの、音がやせる、つまりは、上唇に力が入ってしまうという欠点があります。これをどう解消するかということがいつも課題になっています。モーリスアンドレのように高音域でも伸びのある豊かな音になるにはどうすればいいのか。モスキートのような高音は要らないのです。

そこで、何年か前に読み始めたのが、ジェローム・カレのスーパーチョップスの本でした。残念ながら、全て英語で書かれて、仕方がなく、自分で受験以来の英文解釈をする羽目になってしまいました。そして、判ったことは、舌の先は下唇の内側の上側につけること、その舌の手前は上唇に接していて、上歯の先を捕らえていること、というものでした。そして、この状態にするためには舌は前方で丸まっている状況になっていて、どんな演奏をしていても、そのポジションが基本のポジションで、決してそこから舌をのど側に引き込んで、演奏を始めてはいけないということです。ということは、必ず、息で音を切るのではなく、上唇と下唇に舌を接した状態に戻すことで、音を切るということです。これをすることにより、より圧縮したストリームを唇に当てることが出来て、少ないストリームで高音域が出やすくなるということだそうです。そのときに上唇は舌の支えを得て振動している状況になるので、力を抜いていられるのだというのです。また、息の流れをこの狭い上唇と舌の間に送り込むという意識を持って、吹き込み、決して過剰に送ることをしないようにともいっています。

良く、日本人がしゃべるときに、舌の位置が西洋人に比べると、低い位置にあるといわれます。また、日本人のトランペッターは息で音を止めるようで、それが西洋人には違和感があるようであるというのをどこかで見たことがあります。真偽のほどは判りませんが、確かに、上記のスーパーチョップスの内容と逆の現象ばかりです。

ということで、もう一度これ二チャレンジしたいと思います。明日・・・。

スポンサーリンク

この画像は吹き始める前の状況で、スタートはこのような感じで・・・という画像です。そして、ここから、息を吹きかけるときには舌はもう少し前方に丸まって出るのだと思っています。(あくまで個人見解)そして、高音になるにしたがって、下唇で舌を食い止める感じで先端をホールドするということではないか?(スーパーチョップスが、ハリージェームスの吹き方を手本としているということなので、そう考えています。)

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.