奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用ソロ楽譜】『旅の宿』吉田拓郎

 
この記事を書いている人 - WRITER -

楽譜のご紹介

 吉田拓郎の『旅の宿』という曲は、1972年7月1日に発売された4枚目のシングルです。作詞は岡本おさみ、作曲は吉田拓郎です。この曲は、吉田拓郎のシングルとしては唯一オリコンチャート1位を記録したシングルで、自身最大のシングル・セールスを記録した楽曲でもあります。代表曲のひとつとして知られています。

 1972年の日本は、昭和47年と呼ばれる時代です。この年には、沖縄返還や日中国交正常化などの国際的な出来事がありました。また、冬季オリンピックが札幌で開催されたり、アニメ『魔女っ子メグちゃん』が放送されたり、ファッションや音楽などの文化面でも多彩な動きがありました。フォークソングは若者の間で人気が高く、吉田拓郎やかまやつひろし、加藤和彦などのシンガーソングライターが活躍しました。

『旅の宿』は、そのような時代背景の中で生まれた曲です。旅行や温泉などのレジャーが広まっていたことや、恋愛や結婚に対する価値観が変化していたことなどが影響していると考えられます。また、歌詞には俳句や月見などの日本的な要素も含まれており、当時の日本人のアイデンティティや感性も表現されています。

Advertisements

 私的には、なんか念仏みたいではじめは、なんだかなじめない曲でした。日本的ということは言えても、音楽的なものには聞こえませんでした。聞きようによっては、コミックバンドのコミックソングのようでもあり、その後の歌謡界の過渡期に現れたもののように思います。まあ、それはいいとして、楽譜をちらっとどうぞ。

吉田拓郎 旅の宿 トランペット楽譜

楽譜販売のご案内

こちらの楽譜は楽譜販売専門サイトPiascoreのこちらで販売中です。フルート、アルトサックス、トロンボーンの楽譜もこちらで販売中です。楽譜をクリックすると販売サイトに飛びます

吉田拓郎 旅の宿 
アルトサックス楽譜
吉田拓郎 旅の宿 
フルート楽譜
吉田拓郎 旅の宿 
トロンボーン楽譜

演奏例

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2023 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!