奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

トランペットで昭和歌謡シリーズ『白いブランコ』ビリー・バンバン

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

1969年リリースの曲です。ちょうど東京に出てきた春先にこの曲を聴いた覚えがあります。北国から来たもので、まるで天国のような温かさで、布団に潜り込んで寝ていたのが、ペラペラな布団一枚で寝られるのが信じられないくらいでした。そして、季節が教科書通りに流れていくのを感じて、感動しました。そんなときに、トランペットのイントロで始まるこの曲は強く印象に残りました。しかし、このイントロは、ビリー・バンバンが自分で依頼したわけではなかったようで、勝手に入れられていたということです。それで、結構もめたようです。この当時の曲では、トランペットの前奏というのは結構多かったのですが、フォークではほとんどありませんでした。しかし、この年の1月にはしだのりひことシューベルツの『風』という曲のイントロもトランペットでした。そんなところも関係したかもしれません。その後しばらくヒット曲がないまま、3年後にドラマのテーマソングの『さよならをするために』という曲がヒットすることになります。フォークというと自信が作曲したり、作詞をしたりというのが当時の通例だったのですが、こちらの曲は、全くの外注でした。この曲もこのブログで扱っています。ということで、『白いブランコ』の楽譜をちらっとご覧ください。

楽譜販売のご案内

こちらの楽譜は楽譜販売専門サイトPiascoreのこちらで販売中です。

演奏例

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2020 All Rights Reserved.