page contents

奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【奏法さすらい記】トランペットを吹く時の姿勢と舌の関係

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

本日、また、いつものように、トランペットの練習をしてきました。どうも、最近、コルネットからトランペットに持ち替えて、とうしょすごく調子が良かったのが、だんだんと不調になってきて、正直、あせっています。

多分、気密性が下がっているということなのだと思います。つまり、舌がうまく、はたらいていない。気をつけていないとどうしても、舌の使い方が甘くなるということだと思います。そうなる原因のひとつが、やはり、トランペットの持ち方だと思います。

黙ってても、バランスが前方に落ちて行きます。比較的前歯が長く、どうしても舌が落ちやすいということで、どちらかというと水平に近い状態でないとうまくふけないということがあります。ほとんど例外なく、うまくコントロールできるときには、水平に近い状態です。

ナカリャーコフがどうしてあんな状況でふけるのか不思議です。マルサリスのような水平を維持する吹き方でないと、どんどん調子が落ちて行きます。まだ、結論を出すには早すぎますので、再度チャレンジしてみます。

Wynton Marsalis Carnival Of Venice

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.