奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

トランペットで昭和歌謡シリーズ 『勝手にシンドバッド』サザンオールスターズ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

リリース 1978年6月25日。昭和53年の曲です。当時は、何言っているかわからないこの曲の評価は必ずしもいいものではなかったものの、売れていました。テレビに出てくる桑田佳祐もふざけていて、今の彼とは違い、単なるやんちゃなお兄ちゃんという感じでした。そして、長門裕之さんとかなり良く似た他人ということで、ここも印象に残りました。ここまで、ブラウン管から毒を流す感じは、タモリの出始めのイグアナの物まねや多言語麻雀などのような売り方が連想されました。とにかく売れればいいという、ある種の覚悟が功を奏したのだろうと思います。ではじめはちょっと出のすぐに消えるグループぐらいに思っていたのですが、次々とヒット曲が出て、完全に評価は一転します。ただ、その後も何を言っているのか、わからない曲ばかりでした。もうそのうち、だれもそのことについてうんぬんする人はいなくなりました。まったく、歌の部分は一つの楽器として、使われており、日本語を無視することでリズムの自由さを得たといえるのだろうと思います。その後の日本のポップス界に大きな変化を与えたといえると思います。それまで隆盛だったフォークはどちらかというと、詞で物語性を歌うものでしたが、4畳半ソングといわれることもあるなんとなくじめっとした感じがありましたが、それが、一気に湘南の明るい太陽にさらされて、そんな馬鹿なことを言っていないで、もっと楽しくやろうぜ、みたいな感じに変わった感じです。ということで、楽譜をちらっとご覧ください。2ページにわたる曲です。ちょっと高音域が続き難しいところもあるかもしれません。

楽譜販売サイトのご案内

この楽譜は楽譜販売専門サイトPiascoreのこちらで販売中です。

演奏例

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2020 All Rights Reserved.