【トランペット用ソロ楽譜】昭和歌謡シリーズ 『夢の途中(セーラー服と機関銃テーマ曲) 』来生たかお

『夢の途中(セーラー服と機関銃テーマ曲) 』来生たかお トランペット用昭和歌謡曲楽譜
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

 この曲は何度か、別の女優で歌い継がれ、最近テレビで橋本環奈という子が歌っていたのを見たので、確かあれは昭和の曲だよなということで、上げてみました。

 最初、薬師丸ひろ子さんの歌声でヒットしたと思います。1981年というから、昭和でいうと56年だと思います。

 ちょうどこの曲が出る前か後か定かではないですが、用事で新宿の伊勢丹前のバス停から渋谷駅行きのバスに乗ろうとしたら、一緒に薬師丸ひろ子さんが乗ってきたということもあって、それ以来一寸ファンになってしまいました。

 もちろんその当時はもう社会人だったのですが、あまりにもかわいかった。人間というよりも、なにか可愛い小動物という感じでした。その後、その歌声も透明感があり、好きになったわけですけれども…。

ただ、この曲に関しては、この来生たかおの歌声のほうがいいように感じます。ということで、またいつものように楽譜をチラ見せさせていただきます。

販売サイトのご案内

全部で3ページになります。オリジナルキーだと指使いがかなり難しくなりますので、前半に簡単なキーにした楽譜を持ってきています。

販売サイトはこちらです。Piascoreという楽譜専門販売サイトになります。フルート、アルトサックス、トロンボーンの楽譜も同時に販売中です。

演奏例

曲の由来

 「セーラー服と機関銃」(セーラーふくときかんじゅう)は、来生えつこ作詞、来生たかお作曲による楽曲。薬師丸ひろ子のデビュー曲で、薬師丸主演の同名映画主題歌。異名同曲として「夢の途中」(ゆめのとちゅう)が存在します。

 薬師丸のシングル「セーラー服と機関銃」は1981年11月21日にキティ・レコードから発売されました(レコード番号:7DK7020)。異名同曲で競作曲でもある来生たかおの11枚目のシングル「夢の途中-セーラー服と機関銃」は 1981年11月10日にキティ・レコードから発売されました(レコード番号:7DK7019)。

 映画『セーラー服と機関銃』の主題歌は、もともとキティ・レコードに属する作曲者の来生たかおが歌う「夢の途中」に決まっていて、レコーディングまで行われていました。

 当時、デビュー5年目の来生は作曲家としては認知されつつあったが歌手としては未だ無名、やっと「Goodbye Day」がドラマ主題歌となり注目を集め始めていた頃だったのです。

 しかし、映画の監督の相米慎二が「薬師丸ひろ子に歌わせる」と、キティ・フィルム代表、キティ・レコード社長の多賀英典に言いだし、来生は楽曲のみ残して歌手としては下ろされることになります。この件で、たかおの姉でもある作詞者の来生えつこが激怒し、あわやキティ・レコードからCBSソニーへ移籍寸前までいきました。それを引き止めるため、多賀が「両方ともヒットさせる」と宣言し説得したということです。

 薬師丸のレコーディングには映画『セーラー服と機関銃』の助監督たちも立ち会ったが、宴会を始めてしまい、彼らはレコーディングの出来には興味がなかったそうです。そのような状況でのレコーディングだったので、薬師丸は緊張することはなかったということです。

 1981年10月の映画の試写会まで、薬師丸の所属事務所(角川春樹事務所)の社長角川春樹は、薬師丸が映画主題歌を歌っていることを知りませんでした。試写会後に唯一つけた注文は、曲のタイトルを「夢の途中」から「セーラー服と機関銃」に変更するということでした。

 結局、来生の「夢の途中」と薬師丸の「セーラー服と機関銃」は、ほぼ同時期にリリースされ、最終的に薬師丸の「セーラー服と機関銃」とともにロングヒットしました。来生の「夢の途中」と薬師丸の「セーラー服と機関銃」を合わせた累計売上(出荷)は200万枚に達しました(オリコン集計では約120万枚)。

 キティ・レコードにとって、無名の来生と歌手としては新人の薬師丸のレコードを同時期にリリースするのはリスクがあっただろうと想像すると同時に、薬師丸のおかげでヒットした自分は幸運だったと来生は思っているそうです。

お勧め記事(一部広告含む)
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました