奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

トランペットで昭和歌謡シリーズ 『神田川』南こうせつとかぐや姫

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

1973年リリース。昭和48年の9月20日だそうです。この当時、高田馬場の神田川の近くに住んでいました。横丁の風呂屋もあり、この辺のことを言っているのかな、なんて勝手に思っていました。しかし、当時の神田川はそれなりに汚い川でした。匂ってもいました。そんな、川だったのですが、この翌年だったと思うのですが、大したことのない雨で神田川が氾濫し、えらい目にあいました。私が住んでいた安アパートはもちろん、トイレは共同で、私の部屋の真横が汲み取り式のトイレでした。その当時で確か、築20年ぐらいの木造2階建てのアパートでした。昼頃まで、寝ていたら、股の間がどうも冷たくなってきて、何だろうと思ったら、あっという間に畳が浮き始め、ゴミ捨て場から拾ってきたワンドアの冷蔵庫もぷかぷか浮き始めました。荷物らしい荷物は本しかありませんでしたので、急いで本を天袋に避難させて、アパートを後にしました。その途中で、すでに胸のあたりまで水が来て、途中で、住宅のブロック塀に上って逃げました。ところが、水没したのは、ほんのわずかな地域だけでした。水が引けるまで半日ぐらいが過ぎたころ、戻って寝ようとしたら、その間に濡れた畳は処分され、消毒され、床にはブルーシート(実際は黒いシート)が敷かれていました。そして、新宿区から毛布と乾パンが配布されました。そのまま、その日はアパートで寝たのですが、3日ほど、毎日洪水の夢でうなされ、いくら若くても、恐怖心はそんなところで隠れていたのだと驚きました。そして、その後、洪水のあった当日に何もすることがない(何も荷物を持っていなかったので、)ので、古本屋に立ち寄りました。そこで店番をしている猫が私に向って、においをクンクンかぐのでした。そこで初めて、そういえば、隣が汲み取り式のトイレであることに改めて思いが至りましたが、だからと言って着替えることもなく、そのまま過ごしてしまいました。そんな感覚がその当時は普通にあったのではないかと思います。そういう感じでこの神田川を聞いたほうがいいのではないかと思います。とまた、脱線しました。さっそく、楽譜をちらっとご覧いただきます。

楽譜販売サイトのご案内

こちらの楽譜は楽譜販売専門サイトPiascoreのこちらで販売中です。

演奏例


 
お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2020 All Rights Reserved.