奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用ソロ楽譜】昭和歌謡シリーズ 上田正樹「悲しい色やね」Japanese Oldies”Kanashii Iroyane”Trumpet sheet music

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

1982年のリリースだそうです。社会人になっていて忙しくて、ほとんど記憶にないのです。仕事の都合で、しょうがなく地方に飛ばされ、生活のために、車の免許を取ったりしていた頃です。エアコンのない車に、カセットだけはつけて、適当に録音したテープを聴いていた、そんなときにこの曲を録音したように覚えています。いつものように詞の内容はほとんど聞かないので、『大阪ベイブルース』というのが、大阪湾のブルースとは聞こえず、大阪の(野球の)べーブルースという風に聞こえて、変な曲だなあと思っていました。歌っている人にもたいして興味もわかず、曲だけはいい感じかなあと思っていました。さらに、今の今まで、『悲しい色やねん』と思っていました。

そんなことはいいとして、いつものように、ちょっとだけ楽譜を紹介します。

販売サイトのご案内

 

販売サイトはこちらです。→https://store.piascore.com/scores/26632 Piascoreという楽譜専門販売サイトになります。

演奏例

 

上田正樹 悲しい色やね ~OSAKA BAY BLUES.MP4

 

曲の由来など

「悲しい色やね」(かなしいいろやね)は、1982年にリリースされた上田正樹のシングルである。作詞は康珍化、作曲は林哲司が担当した。

上田正樹は、1977年の上田正樹とサウス・トゥ・サウス解散後からソロ活動をしており、1981年にはCBSソニーに移籍しましたが、ヒット曲に恵まれずにいました 。

彼の楽曲のディレクターを務めていた関屋薫は、複数の作曲家に作曲を依頼しました。その中の一人である林哲司は、英語詞向けに作ったメロディを作成し、関屋に提出したのでした。

メロディを受け取った関屋は、林とのタッグで知られる作詞家の康珍化に作詞を依頼します。その夜、康は「あの曲を関西弁の女性の視点からで書いてもよいか」と関屋に尋ねて驚かせたということです。さらに数日後、康が提出した歌詞を読んだ林は「演歌みたいな曲が売れるわけがない」と感じたといいます。

その一方、関屋は洒落たメロディと関西弁の歌詞、そして上田のハスキーな歌声が合うと感じていました。

最終的に、本楽曲は曲名を『大阪ベイブルース』から『悲しい色やね』に変更して売り出されました。

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.