奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用ソロ楽譜】昭和歌謡シリーズ 『翳りゆく部屋』荒井由実

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

「翳りゆく部屋」は1976年にリリースされた曲で、私はちょうど大学生でした。当時、テレビもラジオも見ても聞いてもいなかったので、BGM的に街に流れる音で多分認識していたと思います。もしかしたら、パチンコを玉にしていましたので、そこで聞いたのかもしれません。この曲も当時の自動式のパチンコ台がはやり始めたときで、その音ととっても合う珍しいJPOPでしたので、おそらくそこで聞いたのだと思います。
「翳りゆく部屋」はイントロがバロック調のパイプオルガンで始まる曲という紹介をしているサイトもありますが、確かに当時はそういうのがはやっていました。


でもこの曲ほどではありません。

しかし、よく調べたら、こちらは1980年の曲であり、その点では、翳りゆく部屋のほうが先行していたのだと思います。では、違う方向から、

1970年代の初頭までは、結構、このようなBGM系の洋楽がはやっていて、初めはアメリカのビッグバンド的な物から派生したストリングスのものが多く、結構映画音楽を取り上げることが大半だったと思います。その後、ヨーロッパのバンドも盛んに聞かれるようになったときに、このようなクラシック的な感じの曲が取り上げられるようになったんだと認識しています。また、こんな「なんちゃって」もありました。

こちらは、1967年リリースでした。日本だけでヒットしたのだそうですが、結構耳にしました。そんな流れの中のこの曲の前奏ということになります。多分これは想像ですが、その前に日本でもビバルディ―が注目された1960年代の流れやそういった物の影響もあったのだと思います。

楽譜販売のご案内

こちらの楽譜は楽譜販売専門サイトPiascoreのこちらで販売中です。

演奏例

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2021 All Rights Reserved.