奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用ソロ楽譜】昭和歌謡シリーズ 『春一番』キャンディーズ(Japanese Oldies”Haru Ichiban”)Trumpet sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます
基本的に50音順のリンクリストです




この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

1976年発表の曲です。9曲目のシングルだったそうです。この時期になるとCMなどに使われたりするなど、かなり息の長い曲になっています。当初は、多分こんなに長く利用される曲だなんて思ってもいなかったでしょう。

1970年前後は、ミニスカートがやっとはやり始め、その後、キャンディーズが出始めた時には、太ももあらわにして歌うというスタイルがテレビでも見られるようになりました。そして、ほとんど生足に近い感じのピンクレディーに続いていったように記憶しています。

スーちゃんは残念ながら、亡くなってしまいました。動画で元気いっぱいの姿を見ていると、もうすでに亡くなられているということが不思議に思えてきます。それは、それとして、また楽譜をチラッと見ていただきます。

販売サイトのご案内

 

販売サイトはこちらです。Piascoreという楽譜専門販売サイトになります。

演奏例

 

春一番 キャンディーズ 1976

曲の由来など

「春一番」(はるいちばん)は、キャンディーズの楽曲で、9枚目のシングル。1976年3月1日にCBSソニーから発売。1978年解散コンサート時点でのシングル売上は累計49万枚(CBS・ソニー調べ)。

作詞・作曲・編曲:穂口雄右
元々は前年4月発売のアルバム『年下の男の子』に収録されていた曲です。アルバム収録曲のシングルカットは渡辺プロダクション所属の歌手の曲としては初の試みでした。ただし、シングル化に当たってはアルバムバージョンのテイクにブラスがプラスされました。

シングル化に当たっての最大の功労者は、当時のプロデューサーの松崎澄夫です。松崎は「春一番」を最初に聴いた時から次の年のシングルにしようと考えていて、シングルに向けて松崎が率先して渡辺プロダクションのスタッフの協力を求めてシングル化が実現しました。

当時の渡辺プロダクションはチームで動いていたので、ファンクラブも含めた多くのスタッフの尽力によって達成した成果と考えて間違いありません。ちなみに、当時ホリプロに所属して山口百恵のディレクターであった川瀬泰雄は、キャンディーズが「春一番」をレコーディングしている時に隣のスタジオで山口百恵のレコーディングをしていたのですが、スタジオで鳴り響いていた「春一番」を聞いて、松崎に「これ絶対良いよ、シングルにしようよ」と勧め、松崎も賛同していたということです。

つまり、ずっと前からレコーディングスタッフと穂口の中では「春一番」のシングル化の決意が決まっていたのです。

作詞は当初千家和也が行う予定でしたが、穂口がメロディを決定する際に仮に書いた歌詞を千家が評価し、正式な作詞も穂口が行うことになりました。

服部時計店のCMソングに起用されたりしました。

また、キャンディーズが1976年の『第27回NHK紅白歌合戦』へ2年連続2回目の出場を果たした際に本曲を歌唱しています。

2012年3月31日に、楽曲を制作した穂口が日本音楽著作権協会(JASRAC)を退会し、その関係で通信カラオケ事業者の大手である第一興商とエクシングがこの曲のカラオケ配信を停止したため、一時一部のカラオケ店で歌えない状態になっていました。2015年に穂口がJASRACにこの曲の管理権を戻したため、今は解消しているそうです。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2016 All Rights Reserved.