奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用ソロ楽譜】昭和歌謡シリーズ アンルイス「グッド・バイ・マイ・ラブ」(Japanese oldies”Good my love”)Trumpet sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます
基本的に50音順のリンクリストです




この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

1976年発表のグッドバイマイラブです。作曲者は平尾昌晃さんで、「カナダからの手紙」にも似ている感じがします。もちろん楽譜をここで紹介はできませんので見本だけ見てください。当時、それまでのベビーブームのハーフタレントの人気が一段落して、どちらかというと、より親しみやすい感じのタレントが、アン・ルイスさんだったように思います。一概には言えませんが、それまでは、ちょっとエキセントリックな感じの売り方をしたハーフタレントの方が多かったのですが、それとは違う感じだったということです。

音見本です

少し出だしが遅れますが、上記の楽譜を再現しています。

https://wind-note.com/

楽譜販売サイトのご案内

販売サイトはこちらです。Piascoreという楽譜専門販売サイトになります

演奏例


グッバイマイラブ 投稿者 kkkk12120928

曲の由来

「グッド・バイ・マイ・ラブ」は、日本の歌手、アン・ルイスが1974年に発売したシングル。
1989年の坂上香織によるカバー作品(タイトル表記は「グッドバイ・マイ・ラブ」)、2006年に発売された福田沙紀によるカバー作品など、後年他の歌手によるカバーがいくつかあります。

アン・ルイスにとって初のヒット・シングルとなりました。間奏部分に英語のセリフがあります。当時のアンは、アイドル路線で売り出していました。

のちにテレサ・テンもカバーしています。とりわけアジアにおいてはテレサの歌声で広く親しまれている楽曲であり(中国語版のタイトルは「再見!我的愛人」。中国語版のほか日本語版も存在しますが、セリフ部分はいずれも中国語です)、1996年製作の香港映画『ラヴソング』でも、テレサによる中国語版が使用されました。

この他、松崎しげるもノエビアのCMシリーズの一環でカバーし、シングルが発売されています。また、1990年の日本映画『ゴールドラッシュ』(監督:和泉聖治、主演:大友康平)の劇中で南野陽子が歌っています。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.