トロンボーンの楽譜を500曲近く扱ってます

【トロンボーン用無料楽譜】ワルトトイフェル作曲ワルツ「女学生」(Emile Waldteufel – Estudiantina Op. 191, Waltz)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

私は、子供の頃、トロンボーンをやって、それからトランペットをやったので、その共通点がたくさんあるということで、割とすんなりと行きました。この曲は、#が4つですので、意外と音抜けを気をつける必要があります。すなわち、トロンボーンのポジションの5番のところや、高音の2番のところを注意したいのですが、トランペットでも全く同じ現象になります。トロンボーンの5番のポジションはトランペットのバルブの2番3番をおさえるという状態と全く同じです。

その他、トロンボーンの2番のポジションは、トランペットのバルブの2番を押さえるのと一緒です。トロンボーンの3番のポジションはトランペットの1番で出ます。トロンボーンの4番のポジションはトランペットの1番2番を押さえた状態で出ます。トロンボーンの6番のポジションはトランペットの1番3番を押さえた状態と一緒です。トロンボーンの7番のポジションはトランペットのバルブを全て押し下げた状態と同じです。それぞれ倍音も同じです。どうですか、イメージしやすいと思います。基本的に、ユンフォも同じなので、持ち替えも怖くないでしょう。

例外が、トランペットの五線譜の上に来る高いラの音(B♭)は1番2番をおさえますが、トロンボーンは2番のポジションのほうが吹きやすいです。4番のポジションでは音が転がってしまいます。
おっと、変なことになったので、本題に戻って、この曲の演奏の感じを動画でご案内します。

演奏例

Emile Waldteufel – Estudiantina (Op. 191, Waltz)

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© トロンボーン無料楽譜のページ , 2015 All Rights Reserved.