奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【奏法さすらい記】昨日のトランペットの練習 つい最初のところでオーバーブローで、調子崩す

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます
基本的に50音順のリンクリストです




この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

昨日は、雨が少しふっていたりして、人もまばらな公園でした。こういう日は絶好の練習日和です。ということで、喜びすぎて、いつもならば、ピアノ程度で吹いているのが、つい調子に乗って練習当初から、メゾフォルテぐらいでやったいました。

車の運転では、はじめは充分注意して、その注意レベルが常態となるように15分間はその注意状態を維持するのが、安全運転につながる・・・という理屈があります。トランペットの練習においても同じです。まだ唇が出来ない状況で強く吹くと、唇のいらないところまでも反応させるのだろうとも思います。

感覚的なことですが、余分な部分で吹いているという感じがしてしまうのです。スーパーチョップスは上歯と下歯の間を充分あけるということが必要です。なぜなら、舌が歯の間から前に出ていなければならず、唇と接触するぐらいに前方になければらないからです。この奏法が正しいかどうかは判りませんし、自分にあっているのではないかと漠然と思っているだけかもしれません。そのセッティングを選んだ以上は、吹きすぎてはいけない、オーバーブロー禁止、を強く意識しないと失敗するということだと思います。

先回や先々回の練習テーマだった下唇のグリップも、練習後半にはいい感じでしたが、やはり、オーバーブローではいい結果が出てこないというのが実感でした。逆にピアノ以下の音量で練習し始めて、しばらく練習が進むとFFでも破綻することはないのです。唇のヒットするところを捕まえることが出来るのだと思います。もう何度も同じ失敗をやらかしていますが、自動車運転と同じように、最初の15分ぐらいは慎重に練習しないといけないのだなと思います。

昨日練習後半に、50代ぐらいの男性に聞かれました。1番バルブの脇についている調整管が何のためについているか・・・という質問をしてきたのです。この人は、多分誰にも教わらずにトランペットを独学しているのだなあと思いました。そこで、意識することは当面ないこと、1番バルブを押して音が高い場合などに使うことと、グリースを塗らないこと、ぬってもほんのわずかにすること、バルブオイルを塗っておけばいいこと、などを説明しました。やはり、個人練習だけだと、わからないことが多いのかもしれません。こんなことは教則本などにも書いていませんね、そういえば・・・。

それと、今は自分はマウスピースで下のドから上のドまでが出せるように練習しているということを言っていました。楽器は吹いていないというので、楽器は吹いたほうがいいということを説明しました。かなりの初心者と見て、もっと楽しく音を出すことを念頭にしたほうがいいのでは・・・・ということもいいました。本人も、このマウスピースでの練習は仕事の延長のようだと、その楽しくない様子を吐露しました。

どこで、その教えを得たのか判りません。どこかの教室などでしょうか。反対はしませんが、いい大人なので、楽しくないと続かないでしょうと素朴に思いました。若いときならば、特訓のように、誰かに強制されて楽しくないことを必死にくらいついて・・・というやり方は絶対に必要なことだと思いますが、大人以降は楽しくなければ、音楽ではない・・・でいいのではないかと思いました。音が出た、曲を吹きたい、もっといい曲を吹きたい、もっとうまくなりたい、ということでいいのではないかと思うのです。ただ、トランペットは難しいです。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.