【トランペット用ソロ楽譜】『お富さん』春日八郎

トランペット用昭和歌謡曲楽譜
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

 『お富さん』は、1954年にリリースされた春日八郎さんの歌謡曲です。作詞は山崎正、作曲は渡久地政信さんが担当しました。この曲は、歌舞伎の人気演目『与話情浮名横櫛』(よわなさけうきなのよこぐし)をモチーフにしています。この歌舞伎は、江戸時代末期の鎌倉で、ごろつきの与三郎と金持ちの妾のお富との悲恋を描いたものです。

 この曲の歌詞は、与三郎が金をせびりに押し入った屋敷で、死んだと思っていたお富と再会する場面から始まります。与三郎はお富に対して恨みや嘲りを込めて歌いますが、お富は与三郎を忘れたことはないと言います。しかし、その場にお富の現在の亭主である多左衛門が帰ってきて、2人の関係を知って激怒します。与三郎は多左衛門に斬りかかろうとしますが、お富が身を挺して庇い、2人とも命を落とします。

この曲は、ブルースやジャズのスイングリズムに沖縄音楽の要素を取り入れたメロディが特徴的です。また、歌詞には歌舞伎や浄瑠璃などの古典芸能の用語やセリフが多く使われています。

この曲はリリースから4か月で40万枚、最終的に125万枚を売り上げる大ヒットとなり、「死んだはずだよ お富さん」というフレーズが流行語にもなりました。 その後も多くの歌手やグループにカバーされています。

 楽譜はちょっと難しいです。オリジナルキーですので、こうなります。ただ、Cベースの楽譜もありますので、そちらもご覧ください。

春日八郎 お富さん オリジナルキーバージョントランペット楽譜

楽譜販売のご案内

こちらの楽譜は楽譜販売専門サイトPiascoreのこちらで販売中です。フルート、アルトサックス、トロンボーンの楽譜もこちらで販売中です。楽譜をクリックすると販売サイトに飛びます

アルトサックス お富さん 
オリジナルキーバージョン
フルート お富さん 
オリジナルキーバージョン
トロンボーン お富さん 
オリジナルキーバージョン

演奏例

お勧め記事(一部広告含む)
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました