奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

トランペットで昭和歌謡シリーズ『小樽のひとよ』鶴岡雅義と東京ロマンチカ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

1967年昭和42年9月のリリースでしたが、翌年にヒットすしました。題名は当初からこの『小樽の人よ』ということではなかったようです。当初は『電話で愛を』という題名でしたが、それではちょっとパンチが足りないということで、『粉雪のラブレター』ということになったそうです。しかし、これもその後の題名を知る私たちには、ぴんと来ないものです。こうして考えると、映像としてはっきりとした背景画がないとヒットしないのかもしれません。没となった題名には、明らかにそれとわかるイメージがわきにくいのだろうと思います。ただ、この小樽を前面に出したのは、小樽市の強い要請があり、歌詞の中にも地名を入れるなどしたのだそうです。昔からご当地ソングというのはありましたが、北海道では、北島三郎さんの『函館の女』が最も知られている曲だと思います。それも意識した、この題名だったということです。その後もご当地ソングはたくさん出ましたが、中には森進一さんが歌った『港町ブルース』みたいに、全国の港、港を歌うような欲張ったものもありました。その歌詞の中には、宮古、釜石、気仙沼の名前も出てきて、3.11の時には、あの釜石かとあらためて、思い出しました。話はそれましたが、この歌の作詞は、池田充男さん、作曲はリーダーの鶴岡雅義さんです。では、ちょっと楽譜を見てください。

楽譜販売のご案内

こちらの楽譜は楽譜販売専門サイトPiascoreのこちらで販売中です。

演奏例

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2020 All Rights Reserved.