奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

トランペットで昭和歌謡シリーズ 東海林太郎『名月赤城山』 無料

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

東海林太郎と読めない頃から、このおじさんがどういう人なのか不思議に思っていました。その風貌といい、歌い方といい、まったく浮世離れしていて、まるでメディアが取り上げること自体に他の意図を感じるような気がしていました。この曲を主に歌っていましたが、ヒットしたのが、1939年ということで、ヨーロッパ戦線が開始され、ノモンハン事件が起こった年です。そして、一番謎だったのが、名月赤城山です。
『赤城の山も今宵限りだ…』という桃屋の宣伝しか知らない私でした。天保の大飢饉(19世紀初頭)で農民を救済した侠客として、講談や映画、新国劇などの演劇の題材となったようです。私の先入観でしょうが、いまだに北関東というというと、そのような血気盛んな若者というか、やんちゃなお兄さんがいっぱいいるところで、昔話に番長をやっていたという人がいっぱいいるところという認識でいます。そんな誤解はともかく、この曲を有料サイトにあげようとしたら、著作権が切れていました。ということで、画像で見ていただけます。もし必要があれば、PDF版を無料でダウンロードできます。
この曲を上げるきっかけは、『男心に男が惚れて…』というキーワードで訪ねてこられた方がいらっしゃいまして、サービスの一環で上げることにしました。

スポンサーリンク

販売サイトで無料のPDF楽譜をダウンロードできます。→http://www.dlmarket.jp/products/detail/438622

東海林 太郎 名月赤城山

名月赤城山 (カラオケ) 東海林太郎

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2016 All Rights Reserved.