昭和歌謡メロディー譜『二人の世界』石原裕次郎

トランペット用昭和歌謡曲楽譜
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

 石原裕次郎さんの『二人の世界』という曲は、1965年に発売された石原裕次郎さんのヒット曲です。 この曲は、1966年に公開された同名の映画の主題歌にもなりました。 映画は、松尾昭典監督、石原裕次郎主演のムードアクション映画で、殺人犯の汚名を晴らすために日本へ戻った男の物語です。 映画には、浅丘ルリ子や二谷英明などの人気俳優も出演しています。

 ご存じの通り、日活の看板俳優であり、日本のトップスターでしたが、1971年の『男の世界』という作品を最後に、日活での出演は終わります。そして、その後、石原プロで活躍するのですが、この1966年時点では既に事務所はあり、昨今によくある独立騒ぎの果ての人気急落とかトラブルとかはなかったようです。やはり人徳があったのでしょう。ただ、当時の週刊誌的な噂では、なにか、大変なことになっている的な報道がなされたように記憶しています。当時も今もゴシップがなければ食っていけないというのがマスコミなんでしょう。

 曲のほうは、東京ロマンチカを率いていた鶴岡雅義さんで、作詞は池田充男さんです。このころの裕次郎さんの歌い方はデビュー当時とは違い、本当にマイルドな歌い方で、誰もがまねしたくなる歌い方でした。そして、そんなに音域が広い曲もないので、その後のカラオケブームが来る1980年代には、こぞってうたわれたのだと思います。

楽譜は、トランペット、トロンボーン、アルトサックス、フルートの順に並んでいます。楽譜をクリックすると販売サイトに飛びます。

二人の世界 トランペット楽譜
二人の世界  トロンボーン楽譜
二人の世界  アルトサックス楽譜
二人の世界 フルート楽譜

楽譜販売のご案内

こちらの楽譜は楽譜販売専門サイトPiascoreのこちらで販売中です。フルート、アルトサックス、トロンボーンの楽譜もこちらで販売中です。楽譜をクリックすると販売サイトに飛びます

演奏例

お勧め記事(一部広告含む)
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました