クラシックを中心とした400曲以上の無料楽譜です。

wind-note.com/flutesheetmusic

【フルート用無料楽譜】モーツァルト「私は鳥刺し」魔笛より (Der Vogelfanger bin ich ja)Flute sheet music

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


フルートだとちょっと低いかもしれませんので、オクターブ上げたモノを追加であげます。

同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

曲の由来、鳥刺しとは?

『魔笛』(まてき、独: Die  Zauberflöte)K. 620は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが1791年に作曲したジングシュピール(歌芝居、現在では一般にオペラの一種として分類される)。モーツァルトが生涯の最後に完成させたオペラです。台本は興行主・俳優・歌手のエマヌエル・シカネーダーが自分の一座のために書いたものです。現在もモーツァルトのオペラの中で筆頭の人気を持ちます。

『魔笛』第1幕で、パパゲーノの初めての登場時に歌われます。歌の内容はパパゲーノの職業である鳥刺しについて歌ったものです。パパゲーノの陽気さを率直に表したアリアです。
この題名の鳥刺しですが、鳥の刺身ではなくて、鳥を生け捕りにする職業を言うようです。あくまでも、生け捕りであって、鳥を串刺しにして、食うのではないのです。貴族などは、珍しい鳥の様子を観賞用にしていたようです。日本でも、そういうものがありました。ただ、姿というより、鳴き声を楽しむということで、身近では祖父もウグイスを飼っていました。独特の四方を障子に囲まれている鳥かごで、もっぱら世話を祖母がやっていました。この趣味は何と平安時代からあって、江戸時代には行商人もいたそうです。今は法律で禁止されているようです。

演奏例

W.A.Mozart / Die Zauberflöte (The Magic Flute) – Der Vogelfänger bin ich ja – for Flute Duet

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© フルート無料楽譜のページ , 2016 All Rights Reserved.