奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用ソロ楽譜】昭和歌謡シリーズ 園まり『逢いたくて逢いたくて』(”Aitakute Aitakute”)Trumpet sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます
基本的に50音順のリンクリストです




この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

1966年発表の曲です。当時はこの歌い方が嫌いで、どちらかというと伊東ゆかりさんのほうが好きでした。あらためて見てみると、すごくかわいい。著作権フリーではないので、こちらもチラッと楽譜を紹介します。

演奏例


逢いたくて逢いたくて (園まり) 投稿者 colocolococolo

楽譜の販売サイトのご案内

このトランペットの前奏部分も再現しています。楽譜の販売サイトはこちらです;Piascoreという楽譜専門販売サイトになります。

曲の由来

1966年発表の作品です。作曲は宮川泰です。当時のアイドル歌手といっていい園まりさんです。

「逢いたくて逢いたくて」(あいたくて あいたくて)は、日本の歌手、園まりの19枚目のシングル曲です。
岩谷時子作詞・宮川泰作曲の 園まりの代表曲のひとつ。1966年にリリースされ、空前の大ヒットとなり、同年、6月には園まり自身も歌手役で出演する同名タイトルの日活制作の映画が上映されました。

原曲は双子の女性デュオ歌手、ザ・ピーナッツの7枚目のシングル「手編みの靴下」(1962年)で、作詞者の岩谷時子が新しい歌詞をつけたリメイク版ですが、その「手編みの靴下」は平野愛子の「港が見える丘」(作詞・作曲:東辰三)がベースとなっています。

本作を原作とする歌謡映画が、1966年6月1日に日活系で公開。カラー。日活スコープ、89分。
園が自ら主演、学生・道子の他、自分自身の二役出演となっており、園がのどを痛めたため、道子が園の替え玉になるという話。

相手役は渡哲也。助演は園が所属した「スパーク3人娘」の中尾ミエと伊東ゆかり、そして当時売り出し中のザ・ドリフターズ。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.