奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

トランペットで昭和歌謡シリーズ 『蒼い星くず』加山雄三

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

この曲は1966年、昭和でいうと41年の作品です。もともと、映画のアルプスの若大将という加山雄三の若大将シリーズのなかで、歌われた曲です。当時は、ベンチャーズブームがありましたので、そのテイストを取り入れての作曲だと思います。ただ、私的には、当時、それに気づくことはありませんでした。当時、田舎では、長髪、エレキは不良の代名詞みたいなものだったので、あまり好意的には見られていませんでした。大体が、私のいた田舎ではこの時代あたりからやっと、高校生の頭髪が丸坊主ではなくなっていました。そんな中、当時高校生ぐらいの男の子にとっては、加山雄三は大人気で、やがて自分も大学生になるときには、加山雄三の主演する若大将のような痛快な大学生生活が送れるのではないか、そうあってほしいという思いがあったのかもしれません。しかし、当時(昭和41年)の進学率は、16.1%でしたから、スクリーン上の夢であったのかもしれません。星百合子さんのような美女も周りにはいませんよね。結局、荒唐無稽な007の日本版という感じで、日本人に受け入れやすい形になったのだろうと思います。そんな私語はいいとして、さっそく、楽譜をちらっとご覧ください。


楽譜は2ページにわたっています。

楽譜の販売サイトのご案内

上記の楽譜は、こちらの楽譜専門販売サイトにて販売中です。

演奏例

映画の予告編になりますが、当時の感じがつかめると思います。

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2020 All Rights Reserved.