奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

トランペットで昭和歌謡シリーズ 『愛のメモリー』松崎しげる

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


こちらの楽譜は、トランペット用に吹きやすいように移調した楽譜と、本来の高いキーの楽譜の2種類を全3ページにしてご提供しています。

リリース 1977年(昭和52年)8月10日
作詞・作曲 たかたかし(作詞)、馬飼野康二(作曲)、小野崎孝輔(編曲)

1977年、このCMの記憶ははっきりあります。そして、この曲を有名にしたのも、このCMだったということです。しかし、当初は、『愛のメモリー』ではなくて、『愛のほほえみ』という題名だったということです。あまり売れない曲で、松崎しげるさんがご自身でテープを持ち歩き売り込みをして回ったそうです。そんなときに、かつて仕事をしたことのあるCMプロディーサーにそのさび部分を聴いてもらったところ、興味を持っていただいたのが、このCMへつながっていき、やがて曲のヒットになります。このCMにでている三浦友和さんは、多分、若手の俳優としては、かなり人気が出始めた時期でもあり、インパクトもあったのだろうと思います。

しかし、この曲ができるまでの歩には生みの苦しみがあったようです。もともとが、ヨーロッパのポップス界のなかで、重きが置かれたマジョルカ音楽祭というのがあり、その参加を目指して、この曲はレコード会社を上げて作られます。作曲は馬飼野康二、作詞はたかたかしさんです。審査員にフランシス・レイ、ポール・モーリア、ミシェル・ルグランなど、当時の流行音楽家がそろった中で、松崎さんは、最優秀歌唱賞を受賞し、総合でも第2位の結果となりました。しかし、そんなことも、日本では全く評価されず、この曲も忘れ去られる運命というところの、このCMだったわけです。

楽譜販売サイトのご案内

楽譜の販売は、こちらの楽譜販売専門サイトにて実施中です。

演奏例

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2020 All Rights Reserved.