トロンボーンの楽譜を500曲近く扱ってます

【トロンボーン用無料楽譜】”Somebody stole my gall”(吉本新喜劇のテーマ)Trombone sheet music

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

Somebody Stole My Gal(サムバディ・ストール・マイ・ギャル)は、アメリカの作曲家レオ・ウッド(Leo Wood、1882年9月2日 – 1929年8月2日)が、恋人を奪われた男性の悲しみを表現するために作曲した楽曲。

この曲の名声を高めたのは、1954年ころの、ピー・ウィー・ハント(Pee Wee Hunt、1907年5月10日 – 1979年6月22日)による演奏です。
ハントは、ウッドのSomebody Stole My Galをディキシーランド・ジャズ調に編曲しました。恋人を失ってうろたえる男の嘆きを、トランペットやトロンボーンの切ない音色に乗せて、ムードたっぷりのジャズの楽曲として、見事にアレンジしたのです。

ハントによるアレンジは、世界中の共感を呼んだ。日本においても、1963年ころから舞台演劇の(土曜日の)テーマ曲として使用されていることにより、ジャズを日常的には聴かない者の間にまで広く知られるようになった。今では、日本でこのジャズの名曲を知らない者は誰もいない、とまで評されている。

演奏例

“Somebody Stole My Gal” (Ted Weems, 1924)

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© トロンボーン無料楽譜のページ , 2016 All Rights Reserved.