トロンボーンの楽譜を500曲近く扱ってます

【トロンボーン用無料楽譜】ドリーブ作曲「コッペリア」よりワルツ(Delibes-Coppelia Swanilda’s Waltz)Trombone sheet music

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

どんな曲?もっと詳しい楽譜を動画で

動画再生まで少し間があります。必要に応じて、再生ボタンを押すとでてくる、動画の左下のフルスクリーンボタンを押してご覧ください。


同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

この曲は、動く人形を題材としたバレエ作品のなかの曲で、コッペリアとはその題名であるとともに、人形の名前でもあります。

≪あらすじ≫

第1幕 場所はポーランドの農村。
人形作り職人のコッペリウスは陰気で気難しく、村人から変人扱いされていました。彼の家の二階のベランダでは、コッペリウスが作ったからくり人形の少女、コッペリアが座って本を読んでいます。しかし、村人はコッペリアが人形であることを知りませんでした。
コッペリウスの向かいに住むスワニルダは明るく無邪気な人気者の少女。村の青年フランツとは恋人同士でした。しかし最近フランツは、かわいらしいコッペリアが気になる様子。それに気づいたスワニルダはやきもちを焼いてしまいます。これがきっかけで二人は喧嘩します。ある時コッペリウスは町に出かけようとしますが、家の前に鍵を落としていきます。それに気づいたスワニルダと友人たちは、好奇心からコッペリウスの家に侵入するのでした。
第2幕
コッペリウスの家。
薄暗い室内にはさまざまな人形たちが所狭しと並べられています。スワニルダと友人たちは室内を探索し、コッペリアもまた人形だったと気づきます。折悪しく戻ってきたコッペリウスに怒鳴られて友人たちは逃げ去ってゆきますが、スワニルダのみコッペリウスに気がつかれることなく室内に身を隠します。そこへ知らずにフランツも、コッペリア会いたさのために梯子伝いに窓から忍び込んできて、フランツもコッペリウスに見つかってしまいます。
コッペリウスは当然怒りますが、一計を案じてフランツに眠り薬を混ぜたワインを飲ませ、酔っ払った彼から命を抜いて自信作の人形、コッペリアに吹き込もうとします。その一部始終を見ていたスワニルダは、コッペリアになりすまして、コッペリウスを散々からかい悪戯の限りをつくしました。この大騒ぎにフランツも目を覚まし、コッペリアの正体を悟ってスワニルダと仲直りすることになります。
第3幕
村の祭りの日。
仲直りしたフランツとスワニルダは、めでたく結婚の日を迎え、賑やかな祝宴が始まりました。そこへ人形を壊されてカンカンに怒ったコッペリウスが怒鳴り込んできますが、二人の謝罪と村長のとりなしによって彼も機嫌を直して、二人を祝福しました。
祝宴も本番となり「時」「曙」「祈り」「仕事」「結婚」「戦い」「平和」と踊りが続き、最後は登場人物全員によるギャロップによるフィナーレを迎えます。
(演出によっては、バーミンガム・ロイヤル・バレエ団が上演しているピーター・ライト版のように最後にコッペリアが本当に人間になるものや、ローラン・プティ演出版のように、祝宴の賑わいをよそに一人呆然と立ちつくすコッペリウスの足許には、ばらばらに壊れたコッペリアだけが残されて、そのまま幕が下りる版などもあります)
曲自体から発するかわいらしさから、吹いてみたいと思う曲ですが、その背景を知るともっと吹いてみたくなります。もともとがバレエ曲ということで、バレエの内容も頭に入れて演奏するのも楽しみの一つとなるかもしれません。動画をB♭トランペットのページにあげてありますので、参考にしてください。

演奏例

バレエ音楽「コッペリア」より ワルツ

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© トロンボーン無料楽譜のページ , 2015 All Rights Reserved.