トロンボーンの楽譜を500曲近く扱ってます

【トロンボーン用無料楽譜】モーツァルト作曲『フィガロの結婚』序曲(Mozart Le Nozze di Figaro K492)Trombone sheet music

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

貴族批判のおかしな劇

原作はのちにロッシーニがオペラ化した喜劇『セビリアの理髪師』(第1部 1775年 / パイジエッロ(1782年)と正劇『罪ある母(英語版)』(第3部 1792年 / ミヨー(1964年)がオペラ化)とともにフィガロ三部作と呼ばれています。 『フィガロの結婚』は『セビリアの理髪師』の好評を受けての続編ということです。正式な題名は『狂おしき一日、あるいはフィガロの結婚』(La Folle journée, ou le Mariage de Figaro)。この戯曲は1786年にパリで初演され、前作以上の評判を得たということです。

封建貴族に仕える家臣フィガロの結婚式をめぐる事件を通じて貴族を痛烈に批判しており、度々上演禁止に遭ったということです。このような危険な作品をオペラ化し、神聖ローマ皇帝ヨーゼフ2世のお膝元ウィーンで上演できた理由は定かでないようですが、ダ・ポンテの自伝によれば、彼がうまく皇帝を懐柔して許可を得たことになっています。

演奏例

モーツァルト 《フィガロの結婚》 第1幕(全曲) クライバー指揮

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© トロンボーン無料楽譜のページ , 2015 All Rights Reserved.