クラシックを中心とした400曲以上の無料楽譜です。

wind-note.com/flutesheetmusic

【フルート用無料楽譜】ドリーブ作曲「コッペリア」よりワルツ(Delibes-Coppelia Swanilda’s Waltz)Flute sheet music

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

作曲者紹介

この曲の作曲者クレマン・フィリベール・レオ・ドリーブ(Clément Philibert Léo Delibes, 1836年2月21日 – 1891年1月16日)は、バレエ音楽や歌劇で知られるフランス・ロマン派の作曲家です。「フランス・バレエ音楽の父」と呼ばれています。迫力や壮大などといった言葉とは無縁の、優美で繊細な舞台音楽を残しています。

1836年、フランスの現在のサルト県に位置するサン・ジェルマン・デュ・ヴァル(Saint-Germain-du-Val)に生まれました。彼の父は郵便配達人で、彼の母親は、才能のあるアマチュア音楽家でした。また、彼の祖父はオペラ歌手でもありました。

彼は、彼の父が1847年に死亡してからは、母親と叔父の手によって育てられます。1871年、35歳の折、彼はLéontine Estelle Denainと結婚しました。彼の兄弟であるMichel Delibesは、スペインに移住しましたが、スペインの作家ミゲル・デリーベスの祖父にあたります。

パリ国立高等音楽・舞踊学校(パリ音楽院)でアドルフ・アダンに師事し、作曲を学びました。1853年には聖ピエール・ド・シャイヨ教会オルガン奏者を務める。1891年、パリで亡くなりました。

曲としてはしっていましたが、バレエ曲だとは知りませんでした。バレエ曲であるということをB♭トランペットのページで、動画で紹介していますので、参考にしてください。それを前提に吹くのとそうでないのではやはり違うのだと思います。また、フルートでは、ちょっと低すぎるのではないかと思います。ただ、Cの楽譜はいっぱいネット上に落ちていますので、ここではオクターブ上げたぶんは上げません。・・・・と思いましたが、やっぱりあげます。

演奏例

バレエ音楽「コッペリア」より ワルツ

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© フルート無料楽譜のページ , 2015 All Rights Reserved.