昭和歌謡メロディー譜『涙をふいて』三好鉄生

トランペット用昭和歌謡曲楽譜
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

 涙をふいてという曲は、1982年にデビューしたシンガーソングライターの三好鉄生(現在は三貴哲成という名前で活動中)のセカンドシングルです。作詞は康珍化、作曲は鈴木キサブローが担当しました2。この曲は中外製薬のドリンク剤『新グロモント』のCMソングに起用され、オリコンチャートで最高位11位を記録しました。歌詞は別れた恋人と再会した男性の心情を表現しており、切なくも温かいメロディーが印象的です。この曲は三好鉄生の代表曲のひとつとして知られており、2017年には三貴哲成としてセルフカバーを発表しました。また、NHKのラジオ番組『ラジオ深夜便』の「深夜便のうた」としても取り上げられました。

 私がこの曲を知ったのは、なんとなくです。いつなのかどうかもわからないでしたが、その後のCMではっきり知った次第です。歌っていた人がなんとなく、日本人離れした顔つきですが、日本人みたいです。北海道の赤平市の出身だそうで、そういえば、東北北海道にはこの手の顔をした人がたまにいる感じがします。しかし、その後、この人が前面にTVで見ることはなかったように記憶しています。というか、当時あんまりテレビを見ていなかったし、それ以降は社会人でしたから、その暇がなかった。曲は結構好きで、最近、たまたま聞いて、これを上げようと思いました。

 楽譜は、2ページにわたります。オリジナルキーで、下記楽譜をクリックすると販売サイトに飛びます。

トランペット楽譜 全2ページ
トロンボーン楽譜 全2ページ
アルトサックス楽譜 全2ページ
フルート楽譜 全2ページ

楽譜販売のご案内

こちらの楽譜は楽譜販売専門サイトPiascoreのこちらで販売中です。フルート、アルトサックス、トロンボーンの楽譜もこちらで販売中です。楽譜をクリックすると販売サイトに飛びます

演奏例

お勧め記事(一部広告含む)
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました