奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用ソロ楽譜】トランペットで昭和歌謡シリーズ ジュディ・オング「魅せられて」愛的迷戀 forB♭

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

この曲は1979年のヒットだということです。もう社会人でしたが、この当時テレビを見ていなかったので、あんまりこの当時の世相がよくわかっていませんでした。この年、一番印象に残っているのは、ソニーのウォークマンの誕生でした。確か、3万円ぐらいしたと思います。それまで、音楽というと、特別扱いのもので、何かをしながら聞くという習慣はまずなかったと思います。ラジオは別(車にもカセットデッキはまだ普及していない時代)ですが、自分の意志でレコードを聴く、あるいはカセットテープでも聞くときは正座まではしないまでも、それなりに準備をして鑑賞していたと思います。それが、何かをしながら、音楽を聴くといったことに対して、いろいろ批判もあったように記憶しています。しかし、それを補って余りある音の良さが結構衝撃的でした。そんな時代の中で、この歌が流行っていました。2月の発表だったようですが、その年の夏には大ヒットとなっていました。ただ、私的には、数年前にデビューしたジュディ・オングさんは最初は、今の広瀬すずさんのようなかわいい系の女優で出ていたので、結構違和感を感じたのを覚えています。てなことはいいとして、また、楽譜をちらっと見ていただきます。

楽譜は2ページにわたります。

楽譜販売サイトのご案内

販売サイトはこちらです。→https://store.piascore.com/scores/26569 Piascoreという楽譜専門販売サイトになります

演奏例

 

曲の由来など

「エーゲ海のテーマ?魅せられて」というのが、正式題名です。中国語では愛的迷戀と呼ばれています。ジュディ・オングさんの楽曲で、28枚目のシングルなんですが、他が知られていないのもへんだとおもうのですが、日本で知られていないと言うことなのでしょう。

CBS・ソニー(現:ソニー・ミュージックレーベルズ)から、1979年2月25日に発売されました。私の印象では、夏の時期の曲という感じがしたのですが、実際は冬の発売だったことがわかります。

オリコンで123.5万枚の販売数を記録しジュディ・オングさんといえば、この曲を思い出すという感じになっています。。
しかし、当初のものとは違い、その後、2004年バージョンとして発売され、現在のかたちに至るわけです。その間、事務所の移籍もありました。、

この曲のインパクトの強さは、その衣装にもありました。あの白いドレスをクジャクのように広げて歌うさまは、その後の紅白歌手のトリの演出にも影響があったと思います。しかし、あれは、そういう振りではなくて、白いドレスにエーゲ海の映像を映し出すという仕掛けを意図したものでした。その段取りが付かず、結局、クジャクとも白鳥とも思われるような独特なポーズだけが映し出されたということです。

当時、とても話題を集めたということで、その後の年末の紅白には、この衣装を着て歌ったということです。ただ、当初のものは、今のように大きく広がるものではなく、今見られるような形になったのもその後のお話です。

そもそもこの曲の由来としては、日本とイタリアの合作映画、『エーゲ海に捧ぐ』というものがあって、その作家である池田満寿夫がもてはやされた時代背景があります。その映像をまた、これはいいとして、CMに使ったのが、下着メーカーのワコールでした。その映像は、確かにエーゲ海の青い海や白い建物が映るきれいなもので、その背景にこの曲が流れていたのです。結構インパクトがありました。当時は、キャンペーンガールというのがいて、下着メーカーなどがこぞって、金をかけてキャンペーンを張っていました。当然、耳にする機会がぐんとアップしたのだろうと思います。

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2017 All Rights Reserved.