奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用ソロ楽譜】昭和歌謡シリーズ『真赤な太陽』美空ひばり(Japanese Oldies”Makkana Taiyou”)Trumpet sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます
基本的に50音順のリンクリストです




この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

1967年発表の曲です。原信夫とシャープアンドフラッツの原信夫さんの作曲です。この年は、英国のモデルのツイッギーが10月ごろに来日して、膝上のミニスカートがちらちらテレビにも映るようになった時代でした。それまでは、膝を出すなどということはなかったと思います。

同年の印象に残っている曲というと、石原裕次郎『夜霧よ今夜もありがとう』、伊東ゆかり「小指の想い出」佐良直美「世界は二人のために」鶴岡雅義と東京ロマンチカ「小樽のひとよ」など、ありますが、なんといっても、グループサウンズの全盛期だったことでしょう。そのうち上げたいと思います。

当時の人気は大変なもので、田舎の空港にタイガーズが来るということで、夜に出迎えに行った同級生が補導されました。なんと、ザ・タイガーズではなくて、阪神タイガーズが遠征できたのでありました。タイガーズ違いで残念でしたということです。どこから、こんなデマが上がったのか知りませんが、今とは全然、情報の伝わり方が違うわけです。そんなことはどうでもいいですが、いつものように、楽譜をチラッと見ていただきます。今回はコードをつけました。

販売サイトのご案内

販売サイトはこちらです。Piascoreという楽譜専門販売サイトになります。

演奏例

 

Hibari Misora with The Blue Comets “Makkana Taiyo (Red Sun)” in 1967

 

曲の由来など

『真赤な太陽』(まっかなたいよう)は、1967年(昭和42年)5月25日に発売された、美空ひばりとジャッキー吉川とブルー・コメッツの楽曲。

グループ・サウンズ全盛期であったこの頃、美空ひばりが「ブルー・シャトウ」の大ヒットを飛ばしたジャッキー吉川とブルー・コメッツの5人を従えて歌った楽曲。

元は美空ひばり芸能生活20周年記念アルバム『歌は我が命~美空ひばり芸能生活20周年記念』に収録する為に制作された曲で、シングル盤を発売する際にひばりのスタッフの中で評判が高く、ひばりの母・加藤喜美枝もシングル化を推したことから、アルバムからのシングル・カットとして発売されることになったという話が残っています。

本楽曲はグループ・サウンズの雰囲気を強調しており、歌番組などでは当時30歳だったひばりが初めてミニスカートを着用し、ゴーゴーダンスを踊りながら歌うなど、それまでのひばりのイメージとは大きく異なる楽曲であり、ひばりの新境地が垣間見えた楽曲でした。

結果的に、ブルー・シャトウには及ばなかったものの、140万枚の売り上げるミリオンセラーとなり、記録的な売り上げを残しました。これは美空ひばり自身のシングル売り上げ枚数第4位に相当します。後に多数のシンガー、ミュージシャンにカバーされた曲でもありました。

作曲を手がけた原信夫は本楽曲が完成した際、ひばりと江利チエミのどちらに歌わせるか迷った末にひばりの楽曲にしました。本楽曲がヒットした後にチエミは「あれは本当は私の曲よ」と嫉妬したという。

カップリング曲の『やさしい愛の歌』は、やはり『歌は我が命~美空ひばり芸能生活20周年記念』収録曲で、「真赤な太陽」の作曲を手がけた原信夫が自身のビッグバンドと共に演奏に加わっています。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2016 All Rights Reserved.