奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用ソロ楽譜】昭和歌謡シリーズ 『北上夜曲』和田 弘とマヒナスターズ・多摩幸子

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

昭和36年1961年ごろ、相次いで競作された『北上夜曲(きたかみやきょく)』でしたが、私の耳に残っているのは、マヒナスターズの物でした。当時は、歌声喫茶というのがはやっていたそうで(田舎にはなかった、というか喫茶店もなかった)、その仮名で盛んに歌われていたそうです。長らく作者不明の歌ということだったらしいのですが、私がその作者だと名乗りを上げたのが、この昭和36年ということで、これとリリースとが関係あるかどうかは不明ですが、もしかしたら、結構話題になっていて、その話題に乗っかってレコーディングまで行っちゃったということかもしれません。そもそもが、戦前に作られたもので、2人の若者によるものでした。その歌の詩を見ると、いかにも東北系の色白の美少女を連想させます。私も男ではありますが、そっち形の遺伝子を持ちますので、よくわかります。50年以上前に東京へ来て、一番驚いたのが、女性の肌の汚さでした。満員電車で見るどの世代もまんべんなく汚かった。今のように栄養状態がよかったわけではなかったので、しょうがないのかもしれませんが、それにしても、本当に女性なのと思うほど(いいすぎか)でした。今はそれに加えて化粧技術もあがり、半世紀も過ぎると、ずいぶんと変わるものだと思います。ただ、歌詞には、「匂い優しい 白百合の 濡れているよな あの瞳」とありますが、結構、逆にしゃべるとやばいというのもあったかもしれません。様々な差別的な文言を使ったような気もしないでもありませんが、とりあえず楽譜をちらっとご覧ください。

楽譜販売のご案内

こちらの楽譜は楽譜販売専門サイトPiascoreのこちらで販売中です。

演奏例

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2021 All Rights Reserved.