奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用ソロ楽譜】昭和歌謡シリーズ 藤原秀行作曲『アカシアの雨がやむとき 』Trumpet sheet music

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

今日は、西田佐知子さんのヒット曲 1960年発表、『アカシアの雨が止むとき』を紹介します。感じしかご紹介できません。著作権有効の曲です。

 

 

楽譜の販売サイトのご案内

この楽譜の販売サイトはこちらになります。

演奏例

特に、『このまま、死んでしまいたい』ほどのこととはどんなことなのだろうと子供心に思ったものですが、その動画を紹介します。

アカシアの雨がやむとき  西田佐知子 投稿者 showakayo

この前奏部分も再現してありますので、興味のある方は、こちらの販売サイトへご訪問ください。

曲の由来

「アカシアの雨がやむとき」(アカシアのあめがやむとき)は、1960年4月に西田佐知子の歌唱により発表された楽曲名、及び1963年に公開された日活制作の歌謡映画です。シングルレコード盤の発売はポリドール・レコード(日本グラモフォン、現:ユニバーサルミュージック)。レコード品番はDJ-1062。

A面とB面に異なる歌手の歌唱楽曲が収録されたシングルレコードの片面として、1960年4月に発売されました。もう片面は、原田信夫が歌う「夜霧のテレビ塔」です。

その「アカシアの雨がやむとき/夜霧のテレビ塔」は、ポリドール・レコードから発売された西田佐知子の4枚目のシングル盤です。それ以前に発売された3枚も、異なる歌い手とカップリングされたシングルレコードでした。

発売時のレコード・ジャケットは名前表記が当時の本名とされる「西田佐智子」になっており、原田信夫の顔写真も掲載されていました。しかし本楽曲が浸透した結果、レコード・ジャケットが西田佐知子のみの写真にレイアウト変更され、名前も現芸名の「西田佐知子」に修正されたリニューアル盤が制作され流通していきました。

シングル盤の発売自体は前述の通り1960年でしたが、『NHK紅白歌合戦』(以降「紅白」)では1962年の第13回で初披露されました。歌唱順は、紅組のトリ(島倉千代子)前でした。

尚、紅白には前年の第12回に「コーヒールンバ」で初出場をしています。紅白同様、年末に放送される日本レコード大賞では、1962年の『第4回輝く!日本レコード大賞』においてロング・セールスが評価され、「特別賞」が授与されたりしています。

紅白では、20回目の記念放送となった1969年の第20回でも披露されました。1962年の紅白映像はNHKに残されていないとされ、現存するのは第20回の映像のみです(モノクロ映像)。民間放送で本楽曲を歌う西田佐知子の映像が放送される場合、この第20回の歌唱映像が貸し出される事があります。

カラー映像は、1968年12月27日にTBS系で放送された『日本レコード大賞10周年特別番組』に出演した時の映像と、結婚して仕事を大幅に減らしていた1975年にNHKで放送された『あの歌この人半世紀』に出演した時の映像が現存します。

1963年には、浅丘ルリ子主演、高橋英樹が相手役で西田佐知子本人も出演した日活制作の歌謡映画『アカシアの雨がやむとき』が封切られました。2002年の年末、NHK-BS2で放送された特別番組『あなたが選ぶ思い出の紅白・感動の紅白』において、VTR出演した浅丘が「もう一度聴きたい曲」として本楽曲を挙げ、第20回の映像が放送されました。この第20回は、審査員として西田が独身時代親しかった浅丘も出演していました。

本楽曲で歌われるアカシアは、本当のアカシアではなくニセアカシアとされています。また、「アカシアの雨が止むとき」「アカシアの雨が止む時」「アカシヤの雨が止む時」など表記は幾つか散見されますが、近年発売される西田佐知子のベスト・アルバムではJASRAC届出の「アカシアの雨がやむとき」で統一されています。

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.