500曲近い楽譜が無料公開

【トランペット用無料楽譜】ヘンデル作曲『私を泣かせて下さい』(Handel Lascia ch’io pianga)Trumpet sheet music

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

正確には、ヘンデル作曲 歌劇「リナルド」から第2幕 第4場 アリア 『私を泣かせて下さい』です。

同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

曲の由来

この曲のもともとはオペラ『リナルド』(伊: Rinaldo)のなかの曲です。ドイツ出身のイギリスの音楽家ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(ジョージ・フレデリック・ハンデル)の作曲したオペラです。

トルクァート・タッソによる11世紀のエルサレムを舞台にした叙事詩『解放されたエルサレム』が原作です。なお、同じ題材でヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテが書いた戯曲に基づき、ヨハネス・ブラームスもカンタータ『リナルド』作品50を作曲しています。

「私を泣かせてください」(Lascia ch’io pianga) (アルミレーナのアリア)は、エルサレムのイスラーム側の魔法使いの囚われの身になったアルミレーナが、敵軍の王アルガンテに求愛されても愛するリナルドへの貞節を守るため「苛酷な運命に涙を流しましょう」と歌うアリアです。

割と譜面としては簡単でも、最後まできっちり吹けるとは限らず、吹ききることを目指すのにいい曲だと自分では思っています。

演奏例

Paolo Fresu – Lascia Ch’io Pianga

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スポンサーリンク

Copyright© トランペット無料楽譜のページ , 2015 All Rights Reserved.