トロンボーンの楽譜を500曲近く扱ってます

【トロンボーン用無料楽譜】プライヤー『口笛吹きと犬』(Pryor Diehl Whistler and his Dog)後半部分

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

犬を題材にした曲でショパンの子犬のワルツは、トイプードルやなにかの小型犬を連想させます。そして、『How Much Is That Doggie In The Window』というパティーページの曲はもう少し大きく、さらにこの曲はもう少し大きく感じます。ところが、言い伝えでは、この曲は子犬を口笛で読んでいる近所の子供との情景から、作ったということです。

前半部分はこちらから→trombone-sheet-music pageへ飛ぶ

演奏例

Pryor Diehl Whistler and his Dog

How Much Is That Doggie In The Window – Patti Page

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© トロンボーン無料楽譜のページ , 2015 All Rights Reserved.