クラシックを中心とした400曲以上の無料楽譜です。

wind-note.com/flutesheetmusic

【フルート用無料楽譜】コルサコフ『インド人の歌 』(Song of India Korsakovich)Flute sheet music

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

作曲者の略歴

作曲者のニコライ・アンドレイェヴィチ・リムスキー=コルサコフ(ロシア語: Николай Андреевич Римский-Корсаков, ラテン文字転写: Nikolai Andreyevich Rimsky-Korsakov, 1844年3月18日 – 1908年6月21日)は、ノヴゴロド近隣のティフヴィンで、軍人貴族の家庭に生まれました。幼児期より楽才を顕すが、12歳でサンクトペテルブルクの海軍兵学校に入学し、ロシア海軍に進んで艦隊による海外遠征も体験しました。1859年からピアノを始め、1861年にバラキレフと出会って、ようやく真剣に作曲に打ち込むようになります。バラキレフは、リムスキー=コルサコフが航海演習のない時に作曲の指導をして、励ましてくれました。バラキレフとの出会いによって、後の「五人組」の同人となる他の作曲家とも面識を得たのでした。
この曲を聴くと思い出すことが2つあります。一つはカレーライス、もう一つはタージ・マハルです。前者は私だけかもしれませんが、ハウスインドカレーというのがやはり印象として子供心に残っていたからであると思います。そして、後者はインドの代表的な建造物ということで連想するのだと思います。というか、かつてテレビで兼高かおる世界の旅という番組で、オープニングかエンディングにタージ・マハルが出てきて、こんな素晴らしい建物があって、インドのイメージが一変した記憶があるからです。この曲を聴くときには必ず、空腹時を思い出すか、タージ・マハルがでてきます。

演奏例

Песня индийского гостя. ФЛЕЙТА. Алексеев Царь..MPG

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© フルート無料楽譜のページ , 2017 All Rights Reserved.