奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トロンボーン用無料楽譜】チャイコフスキー弦楽セレナーデOp.48 第2楽章(Tchaikovsky Serenade for String Mov2) inTrombone

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます
基本的に50音順のリンクリストです




この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

B♭トランペット用はあげてありますが、他の調もつくりましたので、上げます。トロンボーンでも比較的無理なく演奏できると思います。こんなのはトロンボーンで吹くことはないでしょうけれど・・・。

同じ曲の
trumpet sheet music page
Flute sheet music page
Altosax sheet music page
Trombone sheet music pageへ飛ぶ

≪チャイコフスキーの死因≫

チャイコフスキーは1940年に生まれ、ちょうど40歳になる1980年にこの曲を作曲しています。それまでの生涯については、フルートのところに書きましたので省略します。そして、この13年後に亡くなります。

ただ、普通の亡くなり方ではなく、死因がいろいろ言われているところがまた、他の音楽家と違うところです。急死の原因は主にコレラによるとする説(発病の原因として、観劇後の会食時にイタリアン・レストランで周りが止めるのを聞かずに生水を飲んだことが理由とされる)が死の直後からの定説ですが、直接的な死因は、死の前夜10時頃に併発した肺水腫であることが分かっています。そのほかには男色のもみ消し工作のために、自殺を強要されたというものもあるようですが、今はコレラが原因ということらしいです。

≪18世紀を通じたコレラの猛威≫
コレラというと南方の病気という認識がありますが、1800年代は世界的な流行となりました。元々の発生源はインドのガンジス川ということですが、1817年にカルカッタでまず発生し、アジア、南北アメリカ、ヨーロッパまで拡大していきました。

日本でも断続的にコレラの流行が確認されています。この大流行の背景には、産業革命によって蒸気機関車、蒸気船など交通手段が格段に進歩し、また、インドの植民地化をはじめ世界諸地域が経済的、政治的にたがいに深く結びつけられたことがあります。結局、19世紀の間、断続的にコレラは流行し、やむことはなかったということです。コレラの流行を防止するため、下水道の整備など大都市における公衆衛生政策が発達し、ゴミ箱が普及し、検疫体制が整備されて、その多くは現代にも引き継がれているわけです。

演奏例

チャイコフスキー  弦楽セレナーデ ハ長調 作品48 2楽章

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.