500曲近い楽譜が無料公開

【トランペット用無料楽譜】ベルディ作曲、椿姫より『乾杯の歌』(Verdi Opera“La traviata”:Libiamo ne` lieti calici)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

曲の由来

1852年(ペリー来航前年)、パリに滞在したヴェルディはデュマ・フィスの戯曲版『椿姫』の上演を見て感激し、当時新作の作曲依頼を受けていたヴェネツィアのフェニーチェ劇場のために、翌1853年初めに比較的短時間で作曲されたオペラです。作品は全3幕からなり、アレクサンドル・デュマ・フィスによる原作小説に基づきフランチェスコ・マリア・ピアーヴェが台本を書いています。長編の原作から、要領良く主要なエピソードを取り上げて、聴きどころに富んだ構成となっています。悲劇でも音楽的には明るさ、華やかさ、力強さを失わないヴェルディの特質がもっとも良く発揮されており、人気の源泉となっています。

初めての吹奏楽地区大会に参加した年(50年以上前)に、優勝した中学校の自由曲になっていて、自分たちの中学校の楽器のボロさと技術のなさに打ちのめされて、すごすご帰った思い出の曲です。トランペットのソロがあって、うまいなあと思ったものです。しかし、今思えば、B♭の楽譜(はじめの音がトランペットの低いドの音から始まる)で吹きやすく、難しい曲ではないのですが、手でかけたビブラートが、うまかったので、だまされました。

演奏例

Pavarotti And Friends La Traviata – Brindisi

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スポンサーリンク

Copyright© トランペット無料楽譜のページ , 2015 All Rights Reserved.