500曲近い楽譜が無料公開

【トランペット用無料楽譜】グリーグ『ソルヴェーグの歌 』( Grieg Solveigs Sang)Trumpet sheet music

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Advertisements

楽譜のご紹介

(後ろに転調して明るくなるところを追加しています。)

同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ
その他のトランペット用クラシック楽譜を見る

曲の由来

ヘンリック・イプセンの戯曲『ペール・ギュント』のために作曲した劇付随音楽の1つです。
イプセンの依頼により、いったんは断りますが、結局、グリーグは劇音楽 「ペール・ギュント」 を作曲しました。ここで、劇音楽というのが、出てきますが、自分なりに理解した内容は、無声映画がその雰囲気を出すのに楽団が音楽をつけていた、そんな感じの状況だと思います。そんな感じで、23曲からなりますが、独唱あり合唱ありで通常の演奏会には向かないため、後にオーケストラの曲だけ8つ選んで、それぞれ4曲づつにまとめ、
第一組曲(1.朝  2.オーゼの死  3.アニトラの踊り  4.山の魔王の宮殿にて)
第二組曲(1.イングリッドの嘆き  2.アラビアの踊り  3.ペール・ギュントの帰郷
4.ソルヴェイグの歌) と名付けました。
1960年代に日本でも大変人気のあったトランぺッターにニニ・ロッソというイタリア人のトランぺッターがいました。最近、急にYouTubeで載ることが多くなって、いろいろ懐かしんで聞いていたら、この曲にぶち当たり、そういえば、こんな曲もあったなあということで上げておきます。

演奏例

NINI ROSSO – ROMANTICO 1966- – A5 – LA CANZONE DI SOLVEIG その他に、イタリア本国での人気も大変にあったのだということが分かるような、テレビ録画なども挙がっていました。高校生の頃、この音をひん曲げ、ほんの少しピッチを上げるところをよく真似て、吹いていました。

Advertisements
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© トランペット無料楽譜 , 2016 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!