トロンボーンの楽譜を500曲近く扱ってます

【トロンボーン用無料楽譜】アメリカ民謡『朝日のあたる家』(The House of Rising Sun)Trombone sheet music

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

この曲のアニマルズバージョン

本国アメリカではたくさんのアーティストがカバーしている曲ですが、日本でこの曲が最も聞かれたのは、たぶんアニマルズのバージョンだと思います。
アニマルズは、1964年6月にシングルとしてリリースしています。同年9月にビルボードのヒットチャートで三週連続1位になり、イギリス、スウェーデン、カナダのチャートでも1位を記録しました。日本の『ミュージック・マンスリー』誌に掲載されていた洋楽チャートでは、1964年に最高位2位を記録しています。2004年に『ローリング・ストーン』(Rolling Stone) 誌が選んだ「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」では122位となっています。ロックの殿堂の「ロックン・ロールの歴史500曲(500 Songs that Shaped Rock and Roll)」の1曲にも選出され、1999年、グラミーの殿堂(Grammy Hall of Fame)入りを果たしています。

原曲の歌詞の女性を、男性に変えており、”The House of the Rising Sun” は刑務所もしくは少年院を指すと解釈されるようになっています。
アレンジは、エレクトリック・ギターのアルペジオが印象的なロック・アレンジで、「最初のフォーク・ロック」であるとも言われています。レコードのクレジットには、アレンジとしてアラン・プライスが記載されていますが、これは他のメンバーの名前を書くスペースがなかったからだと、エリック・バードンがインタビューで答えています。

ディランのバージョンを元にしていると言われることが多いですが、エリックによれば、この曲を初めて聴いたのは、ニューカッスルのクラブで、フォーク・シンガーのジョニー・ハンドル(Johnny Handle)が歌っていたものであるといいます。デイヴ・ヴァン・ロンクのアレンジが完全に払拭されているとは言えず、ロンクは自分のアレンジを元にしていると主張していました。

演奏例

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© トロンボーン無料楽譜のページ , 2015 All Rights Reserved.