トロンボーンの楽譜を500曲近く扱ってます

【トロンボーン用無料楽譜】テンプテーション ”Temptation (Nacio Herb Brown)”Trombone sheet music

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

曲の由来

“Temptation”は1933年にネシオ・ハーブ・ブラウン(Nacio Herb Brown)作曲、アーサー・フリィード (Arthur Freed)作詞で作られました。
はじめは、1933年のゴーイング・ハリウッド”Going Hollywood”という映画音楽として作られました。Bing・クロスビーがレニー・ヘイトン楽団の演奏とともに1933年の10月22日にレコーディングし、12週間のうちチャートの第3位まで達しました。クロスビーは1945年の3月3日にも今度はジョン・スコットトロッター楽団で再び録音しています。

曲は1952年の映画『雨に歌えば』( Singin’ in the Rain)や1983年のこの映画をベースとしたミュジカルでも使われ、1959年のバレリオ・ズッリーニの映画『激しい季節』でも取り上げられています。

この曲も長い間、題名が分からず、なんとなく記憶していた曲でした。多分、雨に歌えばで耳に残っていたのではないかと思います。この、猛獣が唸るような、独特の曲調は、数あるテンプテーションのなかの、テンプテーションです。楽譜は単純なものにしてあります。

演奏例

Estate violenta

Temptation by Charlie Parker

Artie Shaw’s Temptation

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© トロンボーン無料楽譜のページ , 2016 All Rights Reserved.